68.勝利の方程式「地盤・看板・カバン」の崩壊。これからは「政治資質」と「政策」の時代だ。

選挙における勝利の鉄則…「地盤(組織)・看板(知名度)・カバン(資金力)」……この鉄則は、日本独特の勝利の方程式であるとされてきた。
だが、この神話も音を立てて崩れてきた。

またしても、センテンス・スプリングである。
夕刊紙は、会社員の乗客が多い夕刻の地下鉄などの中吊で報じ、大きな反響を呼んだようだ。

鳥越陣営の主導権は共産党であるとされているが、統一候補擁立のために引きずり降ろされた(過去2回の都知事選において100万票近い実績を持つ)宇都宮健司氏はどのような心境であろうか。
野党4党の責任は重大である。

名誉棄損で告訴に持ち込んだというが、この真偽について核心は持てない様である。

【衝撃】鳥越俊太郎の女子大生淫行疑惑と報道 / 男性経験ない女子に強引キス → 女子は自殺を考える精神状態とのこと

当時大学2年生だった女子を別荘で


torigoe11

ジャーナリストであり、東京都知事選に出馬した事でも注目を集めている鳥越俊太郎氏(76歳)に関する、とんでもないスキャンダル情報が入ってきた。なんと、女子大生に対する淫行疑惑記事が、最新の「週刊文春」(2016年7月21日発売号)に掲載されるというのだ。

・事実ならば驚きの事実
鳥越俊太郎氏といえば、優しい表情と天然系の性格で話題を集める人物だが、そんな人物に女子大生に対する淫行疑惑が浮上するとは驚きである。事実ならばとんでもない犯罪行為である。以下は、この情報を伝えてくれたマスコミ関係者の声である。

・マスコミ関係者の声
「はい、確かに鳥越さんの淫行疑惑の記事が週刊文春に掲載されるはずです。鳥越さんは当時大学2年生だった女子を富士の別荘に連れ込み、「何もしないから」と言いつつ、あの唇で強引にキスをしたというのです。さらにエスカレートして行為をしようとしたらしいのですが、女子は徹底的に抵抗して、キス以外は未遂に終わったそうですよ。そのあともホテルに誘われたりしたらしく、まったくとんでもないオヤジです。絶対に許せない行為です。文春はよくやってくれました!」

・傷はいまだに癒えていない
この情報は、女子大生がのちに結婚した夫が、週刊文春にタレコミした情報とのこと。鳥越俊太郎氏が東京都知事選に出馬することが判明し、いままで抑えていた怒りのボルテージがMAXに到達したらしい。いまでも女子は自殺をほのめかす言葉を口にするらしく、鳥越俊太郎氏から受けた傷はいまだに癒えていないようだ。

【続報】
鳥越俊太郎事務所が週刊文春編集部に抗議文を送付

http://buzz-plus.com/article/2016/07/20/shuntaro-torigoe/



序盤戦での各社世論調査では、組織支援のない小池百合子氏が頭一つ抜け出していた。

そもそも、今回は告示段階で組織選挙は崩壊していたのだが、自民分裂不可避の状況を見ながら野党4党は統一候補擁立に固執し、実績のある宇都宮健司氏を引きずりおろし、知名度で勝る鳥越氏を擁立したが、この段階では圧倒的に鳥越有利とみられていた。

自民は自民で、都議連の不手際や利権の不透明さを露呈し、世論調査による自民党支持層では、増田陣営が小池陣営に後れを取っていたのである。

この段階で既に組織選挙は崩壊していたのである。しかも、組織の崩壊は陣営内が一枚岩にならず、民進支持母体の連合や民進都連は自主投票を打ち出した上に、今回の鳥越スキャンダルで、共産党支持者は小池氏に流れるのではないかと観測されている。

「地盤・看板・カバン」は日本独特の勝利の方程式とされているが、本来の民意を反映するうえではネックとなってきたことは否めない。今回、自民党都連が書面で推薦に従わない者は除名もあり得るという押さえつけが批判を浴び逆効果となったが、これは自民党に限らずどの政党でも引き締めに使っているとされる。

鳥越は、出馬の動機からして不純であったし、出馬会見では公約すらも考えていなかった。選挙戦が始まると、街頭演説は一日1-2回が精一杯。挙句の果て、ボケ発言を繰り返した上、討論会をドタキャンしたり、本人不在の街頭演説、巣鴨では待たせた末に森進一に振るといった不誠実なやり方が支持者の怒りを買った。

連日、鳥越の資質を問う報道で充満していた。看板だけが頼りだった鳥越にとって、今回のスキャンダルは致命的であり、完全に圏外に去った感は否めない。

つまり、地盤と看板だけではもはや通用しない時代を迎えたのである。

これからの勝利の方程式は、「政治家資質」と「政策」へ脱皮しなければならない。都知事選は、その試金石である。




この記事へのコメント

  • かかと

    鳥越氏はなりふり構わず本音を前面に出し始めたようです。
    彼は都民を政治利用しようとしています。

    7/22JR有楽町駅前での演説(抜粋)
    駆けつけたのは民進党枝野幸男幹事長、共産党志位和夫委員長、
    生活の党小沢一郎代表、社民党又市征治幹事長、生活者ネットワークの西崎光子。
    強力援護を受けた鳥越氏は

    「平和憲法を変えようとする現政権に
    都民が真っ先にNOと言わなければと声を上げた。
    暮らしの課題とあわせて東京から平和と憲法を守る、
    核のない社会をつくると力強く宣言。
    戦争法などを強行した安倍政権を厳しく批判し、
    都民、国民をだまし討ちする安倍政権にノーを言わないといけない。
    東京に『反安倍』の旗を立てますと決意を表明しました。」

    民進の女性議員(蓮舫ら)も各応援に駆けつけているようです。

    >神無月さまのご意見に同感です

    桜井氏の公約は保守にとって、すぐにでも実行して欲しいものばかりです。又他の保守候補さんも活躍して欲しい人達ばかりです。
    70年の膿は順に出して行くのかよいかと
    急発進・急ブレーキは事故の元、やはり徐々にかと

    世論調査では小池氏が一歩リードするも
    二人が追い上げているとの結果が出でいます。
    油断はできないと思います

    「バンド ワゴン効果」というものがあります。
    レース状況を見て判断し有権者が勝ち馬に乗ることを意味しています

    流れを見て保守馬の中で一番に勝利に近い人を押す

        「勝ち馬に乗る」

    保守層は今、幾層にも分かれています。このままでは危険です
    組織に守られた危険な二人を退けるにはこの方法しかないと思います
    2016年07月24日 08:24
  • 波羅

    第三次世界大戦が遂に勃発しました。
    使用兵器は「ポケモンGO」です。
    Apple、Google、任天堂etcという日米同盟軍による特亜殲滅戦の様相を見せています。
    最初の攻撃対象はLineのようです。
    こういう戦い方があったのかと、唖然としています。
    2016年07月23日 22:55
  • 神無月

    大和心様。

    改めて、小池女史の経歴をウィキペディアで確認しました。

    小池 百合子、1952年(昭和27年)7月15日 )生まれ
    日本の政治家、ニュースキャスター、自由民主党所属
    参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)
    総務政務次官(細川内閣)
    経済企画総括政務次官(小渕第2次改造内閣・第1次森内閣・第2次森内閣)
    環境大臣(小泉内閣 第5・6・7代)
    内閣府特命担当大臣(小泉内閣 沖縄及び北方対策担当兼任)
    防衛大臣(一次安倍内閣 第2代)
    自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長(第49代)
    などを歴任。
    自由民主党無電柱化小委員会(委員長)
    自民党国際人材議員連盟(会長)

    以上の政治活動は並の政治家とは経験値が違うようで、度胸があるわけです。

    桜井誠氏は私も好きな方で、在特会の活動には頭が下がります。
    鳥越に比べれば、百倍、知事の仕事をしてくれるでしょうね。
    しかし、今の都政では桜井都知事が叫んでも議会は動かないでしょう。それは彼らの利権に反するからです。
    猪瀬元都知事を観れば判るとおり、策略に嵌め辞任に追い込むことなど訳もない世界です。
    小池女史は、その都政の仕組み(ブラックボックス)を破壊する為に立候補されました。
    都政が都民の手に戻ってから、桜井氏がまだ活躍できれる状況であれば、その時にも頑張ってほしいものです。
    2016年07月23日 20:19
  • ナマケモノ

    桜井氏は今回の都知事選をメディア対ネットの闘いとし、有権者にどうかメディアに負けないでほしいと訴えかけていました。
    小池氏が勝つということはまだメディアが強いということです。
    メディアがゴリ押しする三候補の一人に過ぎない小池氏より、メディアがひたすら無視し続ける桜井氏が当選した方が個人的には痛快ですな。
    桜井氏の小池批判(自分より2年も遅い今更な舛添叩き、アニメランドなど出来もしない公約でヲタクを馬鹿にしてる等)もごもっともだと思います。
    それに外国人生活保護の即日廃止、メディアのスポンサーであるパチンコの規制が出来るのはおそらく桜井氏だけでしょう。
    2016年07月23日 17:56
  • 八束水臣津野命

    はじめまして。いつもこのブログ主様の素晴らしい分析、そして寄せられる有益なコメントの数々を楽しみに拝見させていただいております。

    さて、現在熱戦が展開されている東京都知事選挙において、常識的には最早小池百合子候補の優勢は動かしがたいように見受けられます。
    しかし現在、世界情勢を見れば、大きく左側へ振れていた時代の振り子は、猛烈な勢いで反対側へ加速しているようでもあります。

    そんな中でトップを走る小池候補は保守と言うよりは中道と言ってよい御仁。第三次世界大戦が囁かれるほど政情不安定な世界情勢が続く昨今、はたして振り子が中央で止まるものでありましょうか。

    平和に慣れ、危機感の欠如した多くの日本人。考えられる最悪の事態を想定する事はむしろ嘲笑される昨今の風潮でもあり、単なる杞憂であればそれに越したことはありません。が、しかし、有事が想定される時代においての国家の長や自治体の長は、深刻な危険に対して常に果断・強行に先手が打てる人材が求められます。

    既存の政治家、それも平和な時代に適した利権の調整・バランスをとるのが巧い中道の政治家では、イザと言う時に各種のしがらみに縛られて動けない場面も多々あるはずです。

    今、桜井候補の演説をネットで視聴し、強く魂を揺さぶられた人々が演説の聴衆として続々と日々倍増で増加してきております。

    あと一週間の選挙戦。投票率が七割に迫るような事があれば、或いは桜井誠都知事という強力な保守派都知事の誕生を見、さらに保守派が拡大すれば、大難を小難に、犠牲を最小限に出来うる体制に移行できるのではないか・・・、私はそう強く願うのです。
    2016年07月23日 17:53
  • ラブマミー

    いつも拝見させて頂いて居ります。
    東京都知事選挙を少し離れた場所から
    日本国の行く末を左右する選挙だと誰もが思って居られ各候補者のご活躍に熱い思いが伝わって来ます。

    政治資質では小池氏なのかな?
    善くも悪くも政治に長年居られる。
    だから組織票が集まる。華やかさが魅力的で素敵すね。

    政策では純粋に心から言動されてきた
    桜井誠氏だと思います。華やかさではなく地道に本質を有権者に真実を訴えて
    無党派の方々から純粋に日本国を憂い行動力で魂からの訴えに説得力が有る感じと思いました。
    青山繁晴氏と同じ感じました。


    2016年07月23日 14:45
  • かかと

    再び都知事選の情報です。
    最後まで気を抜けませんからね
    街頭演説情報をネットから拾ってみました
    多少の違いはごめんなさい

    ★7月14日(木)東京都知事選告示

    ★7月15日(金)~19日(火) 街頭演説回数
    小池百合子氏・・・31回
    増田氏・・・・・・27回
    鳥越氏・・・・・・09回

    ★7月20日(水)緑の小池さんの街頭演説
    板橋区
    王子駅など8カ所

    ★7月21日(木))緑の小池さんの街頭演説
    12:50から奥多摩町役場前
    15:25からJR河辺駅北口東急前
    16:15からJR福生駅東口西友前
    17:20からJR八王子駅東急スクエア前
    18:30から京王南大沢駅前

    ★7月22日(金))緑の小池さんの街頭演説
    新宿区
    高田馬場駅前
    築地・他

    ★7月23日(土))緑の小池さんの活動
    施設視察
    街コンイベント・ソーシャルファーム

    街頭演説
    10:00 東急二子玉川駅 
    11:00 東急自由が丘駅ロータリー
    12:00 三軒茶屋駅キャロットタワー前
    14:00 銀座4丁目交差点
    16:00 JR田端駅北口ロータリー 
    17:00 おぐぎんざ商店街
    18:15 JR北千住駅西口
    19:15 JR日暮里駅東口ロータリー

    ※「緑を持って来て応援してください」と呼びかけているようです
     みどりの小池さんの居る会場は緑溢れているのでしょう。
    或るところでは、ワサビやセロリやきゅうり、等々野菜くんが集まったようです。

    ※東京の隅々まで行き巡り住民の意見に耳を傾け、全身全霊で演説を行っているようです。
    ※ここまでの力が出せるのは、もはや人知を超えた後押しがあると思わざるを得ません
    ※この分ですと残りの日々も精力的に活動なされるでしょう。
    身体に気を付けて頑張ってほしいです。
    2016年07月23日 14:45
  • なおと

    今回の都知事選は小池百合子都知事の誕生で幕を閉じそうですね。
    桜井誠さんに関しては、本人も演説で仰るように、10年先を見据えた闘いをしていますね。
    口が悪いところはありますが、全候補者の中でも抜きん出て演説が上手く、各地で着実に都民の覚醒を促している印象です。
    ただ、かなり辛辣に小池さんを批判(というか罵ってるレベル)しているので、共闘はまずないかなとは思いますが。
    2016年07月23日 08:04
  • IMF

    完全に潮目が小池氏に向きましたね。もう敗けはないでしょう。私は桜井氏を応援すべきと主張しましたが、残念ながら多数の理解は得られないですよね。勿論あの演説を堂々と出来る意義と功績は計り知れませんが。

    驚くことに小池氏は民進、共産支持者の支持も得ているとか。これはすごい。自民の推薦を受けられず、都議連と対決姿勢という当初は不利な要素と思われた状況があちらには逆にウケたのか、まさかの野党切り崩しを呼んだ。勿論これは野党が担いだ鳥越氏があまりにもひどすぎたからなのだが。これが宇都宮氏なら危なかった。完全に野党の失敗ですね。

    小池氏について前にも書きましたが、都議連を解体するにはああいう出馬方法しかなかった。それが出来るのはある意味「外様」の小池氏しかいなかったということかなと。官邸の沈黙もやはり小池氏支持と理解していいのではと思いますし、また小池氏なら桜井氏の主張を引き継いでくれる部分もあるのではないかと期待しています。都民の判断に期待しています。
    2016年07月23日 06:37
  • 2016年07月22日 20:25
  • 波羅

    すみません。過去の記事のコメント欄に「東京都知事は女性がなる」というお告げなどが書かれてあった記憶があるのですが、改めて何番の記事のコメントか探そうと思ったところ、かなり前の記事だったのか分からなくなってしまいました。
    当時は一体誰のことだろうと軽く流してたのですが。

    このコメントは非公開でも構いませんので、もしお分かりでしたら教えていただけないでしょうか。
    2016年07月22日 20:23
  • 神無月

    大和心様。

    まるで、三文芝居でも観ているような気がしてきました。
    すべて、小池女史の為に設けられたストーリーに、周りが合わせたかのような展開です。
    安倍総理の動向から、小池女史の容認が始めから有ったのではないかとの声も見受けられます。

    華やかなオリンピックの会場に似合う候補は誰か?
    消去法で残るのは、小池女史以外にないでしょう。
    英語力も有り、そのスピーチで盛り上げることも可能でしょう。

    任期の問題はありますが、都政をリフレッシュさせて、韓国レベルまでに貶められ恥をかいた五輪の準備を、国民が納得でき楽しみに出来るイベントに取り戻して頂きたいと思います。

    ロシアのドーピング問題も東京五輪に合わせたかのように、政治利用、倫理の問題として表に現れました。
    この問題解決に胸を張って導けるのは、武士道の精神を引き継ぐ日本しか有りません。

    あらゆる意味で、目が離せない日々が続きます。




    2016年07月22日 12:41
  • ひらめ

    なんだか・・女性の時代来てると思いませんか?
    イギリス首相、フランス国民戦線党首、ドイツ首相
    アメリカはクリントン候補
    日本も安倍さんの次は稲田さん?
    そして小池百合子さん。

    右左色々だけども、なんやかんやで女性のリーダーが次々と。
    これも新時代の息吹といえるのではないでしょうか?

    と言ってみる。。私も女性♪

    女神の時代がやって来ている気がしますわ。

    豆腐おかかさんのところで、小池さんが
    他の色々な候補からあたたかい声援を受けていたと
    書いてあるのを見て、ちょっと心温まりました。
    きっと皆、心には「今の現状を打破したい」っていう
    熱い気持ちがあるのだと思います。
    そこには敵も味方もいない。

    そういうのって他の国では見られないだろうし、
    そういう所にも、新時代の光っていうのか、
    そういうものを感じてしまいます。

    ブログで共産主義に洗脳されてる方のも読んでみるのですが
    やっぱり方向性は真逆なんですけど、
    あの人たちなりに、とっても必死に憂国の現状を
    訴えているのです。結局はみんな日本が大好きなのかも。。

    ああ、いい国だなぁ。日本って。
    失礼いたしました。
    2016年07月21日 22:59
  • 芋瀬童子

     大方の女性の話し方、学校の先生の話し方の特徴はまるで小鳥が枝から枝を跳びまわるように細切れの囀りがあっち行ったりこっち行ったりして『あんた一体何を言いたいの?』とイラつく。
     政治家先生の話は大風呂敷で机上の空論が多い・・万里の長城だって言葉でなら出来る、『どこそこから石を切り出してどこぞに運んで人夫を使って積み上げて・・・』
    例外はある・・池田隼人総理の所得倍増論、田中角栄総理の列島改造論・・洞察力はすごいと思う。
     私は理系の実務家だ、架空の論議や理想論、裏を採れていない話や論述、はたまた皆様の懐は深いだの、夢だの、猫なで声の御追従などに興味はない。
     一言で言えば小池女史の話は『単純明快具体的、何をしたいかすぐ解る』・・現実に足が着いている。これを聞いていながらもシュンタロとかもう一人の可も無し不可もなしの演説に魅力を感じると言うならば東京都民は相当暑さにやられている考えとしか考えられない。
     無党派と言われる人々がどういう投票行動をするか興味津々。その結果によって明治以来の『政党政治』が制度疲労に陥っているか未だ大衆が目覚めていないか判ると思う。大きな歴史の流れとしては自家中毒を起こしたこのような組織は崩壊雲散霧消の道をたどると思う。日本の政治の在り方が激変する気配を感じる。特に先ごろ皇室の話題が出たが日本神界が国民に対して注目点を指さしたと思っている。あそこから『新しい芽』が出て来る!と。今それは解らないが【慣性】と言う現象は何も自然界に限ったことではない。動き始めた時代の流れは変えられない。水力による毛織物業者が蒸気機関を打ち壊したが産業革命は留められなかった。
    2016年07月21日 19:14
  • かかと

    >地盤と看板だけではもはや通用しない時代を迎えた
    >勝利の方程式は、「政治家資質」と「政策」へ脱皮。都知事選はその試金石

    正におっしゃる方向へ時代は確実に動いていると感じます

    ーー都知事選、お二人の演説がUPされていたので一部紹介します。ーー

    ●増田氏の発言19日
    「東京の一番好きなところは、外からの人達も包容力をもって受け入れてくれるところ」

    ●鳥越氏の発言20日
    「今日から、住んで良し、働いてよし、学んでよし、環境によし、この4っつに変えます」

    ※増田氏は相変わらずの外目線ですね。もはや心は隠せないか
    ※鳥越氏の公約? 全ての公約の前に 
    ”外国人が”といれるとしっくりいきます。
     主語を隠したかったのでしょう。
    日本人にとって、
    現在の東京は住んで良し、働いてよし、学んでよし、環境によしで大満足ですからね。

    ※特命さんの”赤い小池”と”緑の小池”分かりやすくていいですね
    小池さんは緑が良く似合っていました。
    緑は目に優しく私も大好きです。
    我が家のキッチン&ダイニングルームは
    緑で統一しています🍂(^^)🍃

    緑の小池さんは議会に不信任案が出されることも覚悟しているようです。
    不信任案が出されたら議会解散するようなことが書いてありました。
    緑の小池さんの覚悟が凄いと思います。

    桜井さんや、保守の他の候補さん達、
    もし知事がだめったとしても次の活躍の場があります。
    都議会に新風を巻き起こすのも東京にとってより大切なことだと思います。
    2016年07月21日 15:38
  • 神無月

    大和心様。

    先のコメントの、一部修正です。
    >形而上、舛添を擁立した時点で、この流れは決まっていたと感じます。

    形而上、猪瀬都知事を辞任に追い込んだ時点で、この流れは決まっていたと感じます。
    .
    2016年07月21日 10:03
  • 神無月

    大和心様。

    早速の更新に、安堵いたしました。

    数日前から、まとめサイトでは週刊誌の暴露で鳥越終了の話題は有りました。不倫疑惑? の予想が多かったようです。
    小池女子の方にも、パーティー資金の政治資金記載の問題が上がり心配しましたが消えたようです。(当選後は、わかりませんが)

    これまでの流れは、主様が言われるように従来の仕組みが通用しなくなってきた事が表に現れたのでしょう。形而上、舛添を擁立した時点で、この流れは決まっていたと感じます。
    舛添擁立は公明党へ恩を売る為でしたが、その結果、創価は分裂、共産も分裂、外患勢力も分裂と悪の御用が天照如く日に当たり出しました。

    選挙が終わってみれば「なんだ、最初から小池に決まっていたんだな」と思うかも知れませんね。
    .

    2016年07月21日 09:15
  • 特命希望

    おはようございます。
    あの極左有田ヨシフの友人が社長を務める週刊文春が、鳥越のスキャンダルを記事にしたという事実は、左翼集団全体の内ゲバで、共産党も分裂気味かもしれないということを表しているのかもしれません。
    「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」内の記事『演説ですらない』からの抜粋です。
    長文で申し訳ないのですが、大変参考になると思われるので、転載させていただきたく思います。
    引用開始
    >さらに、宇都宮の立候補を断念させるために共産党は前回、前々回の都知事選で宇都宮を支援してきた。
    スタッフ達に嫌がらせの電話などの圧力をかけ続けることで断念させたことを、宇都宮の支援者チームがツイッターで暴露しています。
    そしてその怒りによって鳥越の対抗馬である小池百合子支持へと転じてしまいました。
    共産党は戦後ずっと人を使い捨てにし続ける手法を取ってきていて、それでも共産党員やシンパというのは付いていきました。
    カルト信者なので自分たちが使い捨てにされているだけだとは認めないようです。
    人を人と思わないブラック政党。
    それこそが共産党の実態なので宇都宮を断念させれば、単純にその票を手に入れられると考えたのでしょう。
    ただ、断念しそうになかったからと宇都宮を支援してきたスタッフ達に、徹底的に嫌がらせを行うというのは人間性を疑います。
    そして案の定その共産党の人を人として扱わない共産党の哲学が、
    見事に味方に出来るはずの人達を敵に回しましたということです。
    これで鳥越で負けたとしても共産党は誰も責任を取らないでしょう。
    なぜなら共産党というのは露骨な階級社会を実現していて、階級に応じて会食のときの品数すら変わるということを徹底しています。
    上位カーストが責任を取って自ら下位カーストに落ちることなど
    断じて認めるわけにはいきません。
    徹底した階級社会の共産党では一度下位カーストに落ちたら二度と上がれないのですから。
    ちなみに赤旗の広報アカウントの一つ。
    赤旗国民運動部というアカウントのツイートでこんなのがありました。
    赤旗国民運動部 @akahatakokumin
    鳥越俊太郎都知事候補の渋谷街頭演説、「(立候補を)迷ったが、後悔しないように生きたい。私は76歳だが、体重計で出る体内年齢は48歳だ。精神年齢は18歳だ」
    これは宣伝しちゃダメな類に思います。
    赤旗の中の人ではこれはむしろ宣伝になると思ったんでしょうか?
    そうそう、共産党は4月から小池晃が書記局長に就任していますが、鳥越の応援でもよく露出しています。
    小池。とだけ書いてしまうと小池百合子との区別が付きません。
    小池百合子はイメージカラーを緑と決めて一貫して続けているので
    今後当ブログでは赤い小池(晃)と緑の小池(百合子)で区別することにします。
    小池がリード、鳥越が遅れをとっているので、社長がガチの共産党員である週刊文春は徹底して小池狙いで出てくるでしょう。
    週刊文春=共産党のプロパガンダ誌
    と考えれば文春の今までの行動も説明がつきます。
    引用ここまで

    私の感想ですが、最後の部分「小池がリード、鳥越が遅れをとっているので、社長がガチの共産党員である週刊文春は徹底して小池狙いで出てくるでしょう。週刊文春=共産党のプロパガンダ誌と考えれば文春の今までの行動も説明がつきます。」
    こちらは、どうも今のところ実現していないようですね。
    小池氏は今のところ、文春に叩かれていません。
    それどころか、共産が主導となってゴリ押しした野党統一候補の鳥越を叩いている。
    恐らくは、宇都宮を引きずり下ろした共産党の強引さに怨みを抱く党員が大勢いて、文春の社長もその一人なのかもしれません。
    以上、無駄話で失礼いたしました。
    2016年07月21日 06:09

この記事へのトラックバック