133.信じ抜く力…2016年、年の瀬に寄せて。

読者の皆様

2016年も愈々年の瀬を迎えました。

今年を振り返れば拙ブログは、昨年の暮れあたりから陰湿な攻撃に遇い、三月には荒らしによる誹謗中傷バッシングが熾烈を極め、遂にはパソコン破壊を受ける事態となりました。

その後も水面下では執拗な攻撃が続きましたが、極力読者各位への影響を及ぼさないことを念頭に、ブログの方向性も近視眼的な事象に囚われる視点から脱皮し、遠視眼的視点に軸足をずらしたのもその一環でした。

この様な危険に晒されながらも、無事年末までたどり着くことができたのは、偏に日本人のアイデンティティを持つ読者の皆様方の熱い想いと、拙ブログへのご支援の賜以外の何物でもありません。

改めて感謝申し上げます。

思い起こせば昨年の今頃は、日韓慰安婦合意が行われた直後で、これを巡って保守陣営の多くは疑心暗鬼に陥り、政府批判が高まっていたことをつい昨日のことのように思い出します。

そして一年後の今年は、安倍総理による真珠湾慰霊行脚によってかつての敵国同士の日米が和解するという、歴史的快挙を為し遂げました。

安倍総理に同行した稲田朋美防衛相が、帰国直後の29日に靖国参拝を行いました。

日韓慰安婦合意、稲田靖国参拝とここ二年の年末は、最後に物議を醸す話題で閉幕することが偶然にも重なりましたが、「信じ抜く力」の大切さを今年最後の想いの総括とさせていただきたいと思います。

昨年の日韓慰安婦合意が発信された時、保守支持層の多くは一斉に政府批判を展開しました。

私自身はといえば、この朝旅に出る直前で、深く論評している時間がありませんでしたが、限られた時間で政府方針を支持する意向を発信して旅立ったのを覚えています。

今では保守層の多くも、漸く安倍総理の戦略を理解するようになりましたが、当時は目先の視点から一喜一憂する短絡的発想に右往左往している国民が多く、安倍総理の本質が理解されていない層が多かったのです。

あれから一年経った今、韓国が現在どんな状況になっているかを思うとき、官邸と一般国民の判断力に次元の違いを改めて感じた国民も多かったのではないでしょうか。

そして稲田朋美防衛相。
安倍総理肝煎りの後継候補として政府、党の重要職位に抜擢され、ここまで英才教育を施され順調に推移してきたが、本人の信条としていた8月の靖国参拝を見送ったことを民進党、辻元清美に追及され涙ぐんだことなどによって、保守層の多くから失望を誘い、非難の矢面に立ったのは記憶に新しいところです。

今回の靖国参拝について反日メディアからは、日米和解のタイミングに水を差すなどと、毎度の特ア目線からの願望をしきりに喧伝しているが、一切無視に徹することです。

稲田靖国参拝については、これまで特別取り立てて言及することは避けてきました。

それというのも、目先のことで短絡的に判断することが、しばしば的外れとなってきたことも去ることながら、日本再生を志す以上は先導者の一挙手一投足にその度に疑心暗鬼になったり、右往左往していたのでは目的から遠のきこそすれ、実現に近づくことは有り得ないと思うからです。

ひと度行方を託した先導者を信じ抜く心意気が大切だと思います。

私にとって行方を託した先導者とは、安倍総理であり余命ptでありますが、日本再生を破壊に導いた者は、信奉したそぶりと批判を繰り返し、最後は必ず正体を晒して自滅してきました。

今年の最後の想いとして、ひと度日本再生を託した先導者には、信じ抜く心を大切にしたいとの決意を新たに新年に臨みたいと思います

稲田朋美氏についても、日本再生の同志としてその想いがぶれることはありません。

今年も皆様に支えられて何とかここまでたどり着くことができました。
よいお年をお迎え下さい。

この記事へのコメント

  • たつき

    あけましておめでとうございますm(_ _)m
    色々と考えているうちにあっと言う間に時間が過ぎていった…という感覚ですが、このブログを通じていつもたくさん勉強させてもらっていました。

    時勢が変わって新しい流れが始まるのかな…と考えた時、いくつか目に留まるものがありました。
    一つはこれから動き出すアメリカのトランプ政権、二つ目は稀代の無能と称される男が去ってからの国連、三つ目は余り目立ってはいないけど一番不安定な欧州。
    色んな方面から対中・対露で日本に対して煽り立てようと、今や計り知れない程の役割を背負って尚きっちりと形にしてきた安部政権の前に多少の小細工等通用しないだろうし、いつのまにやら追い込まれる側に立たされた連中の認識次第で愉快な事になりうる。
    アメリカについても手放しで楽観はできないだろうけど、大統領戦を通じて「仕立て上げてきた側」のアプローチが熾烈な物になるのなら、いつもの如く日本にとっても都合のいい風が吹いてくれるのか。
    …それに難民問題から端を発する?欧州で巻き起こるトラブルも、昨年を通して浮き彫りになってきたように悪い形で民意に焚きつけ対立の深化・激化、いがみ合わされている所に輪をかけて仕掛けられる凄惨な無差別テロ、ずるずると引きずり続けている状況下で更に他の要因で不測の事態に追い込まれて…なんて事が起きてもおかしくはない国も多い現状。
    苦難の道を乗り越え今や悠然と構えている安部政権を引き合いに出して口先ばかりの不安を煽り立ててる連中よりも、警戒すべきはより広く、日本は全く関係無い所から一気に燃広がっていくような事態もあるのでは…なんて考えていたりもします。
    2017年01月01日 23:27
  • ハゲおやじ

    大和心様

    ほぼ保守派と考えられる占い師結城モイラ氏は毎年公式サイト
    にて、元旦にその年を占った結果を公表しています。

    毎年結構いいところをついた占いで個人的には当たっている
    気がするのですが、今年に関しては非常に良くない年のようで
    す。ま、当たるも八卦当たらぬも八卦だけど…。

    (引用)
    『元々は穏やかであるはずの保守的な思想が、今年は「極端」
    「行き過ぎ」へと変化し、きわめて排他的な、破壊的な
    ナショナリズムへと駆り立てていく心配があります。

    テロのさらなる激化もその一つです。また、「左の思想」に
    しても同様で、やはり「極端」へと暴走します。』

    『大切なことは、この「極端」に踊らされないことです。
    マスメディアをはじめとする様々な情報が「極端」をあおっては
    いないか、真実とかけ離れた「極端」をつくりだしていないか、
    私達は情報を理性的に、客観的に見つめ直し、自己コントロール
    ができるようにしていかないといけませんね。』

    http://www.moira-net.com/
    2017年01月01日 22:48
  • 高天原 正

    愛國國民の皆様、明けましておめでとうございます。本年も必ずや正しき日本と日本人にとって素晴らしい時となりますよう、共に着実に歩みましょう。宜しくお願い申し上げます。
    「本年、安倍内閣は、国民の皆様と共に、新たな国づくりを本格的に始動します。この国の未来を拓く一年とする。そのことを、この節目の年の年頭にあたり、強く決意しております。」何が起こるんでしょうかワクワク
    明日皇紀2677年平成29年1月2日は自分の20歳の誕生日です。成人したのを節目に日本も正しい國に成り戻って欲しいです。
    有事の準備が2017年の1月で完全完了しそうですね
    中韓は既に自滅しまくり
    2017年1月で余命様準備完了
    1/20Trump大統領就任米中戦争在韓米軍撤退
    1/27安倍総理Trump会談口座凍結在日武装蜂起日韓紛争朝鮮戦争再開有事
    これでいつ有事が起こってもおかしくなくなる
    しかし日本政府から戦争をふっかけるのは避けるはず中韓朝に暴発させたいはず靖國参拝かな?
    2017年の1月の終了とはいつ有事が起こってもおかしくない状態になるという事で例えるならばエゲツないですが
    ①敵に何重にも網を被せいくつもの銃口を突きつけた上で(安倍総理と余命様二人三脚の日本再生計画、Trump人事)
    ②連続で全力でジャブを打ちまくり(余命様入管通報、外患裁判、促し官邸メール、口座凍結、米→中為替操作国認定45%関税靖國参拝、竹島日本の領土宣言)
    ③敵がファビョって暴れたら最後(在日武装蜂起、朝鮮戦争、中国暴発)
    ④「日韓合意にスワップ再開交渉にGSOMIAに日中韓首脳会談と常に我々は友好関係を築こうとしたのに相手が勝手に断った。我々は平和を愛しているのに戦争をふっかけられた。あーあ残念だ。自衛権発動!」(もしくは朝鮮戦争再開で韓国の大混乱に乗じて思い出したかのように「韓国とは紛争状態です」宣言)
    ⑤引き金を引いてトドメを刺さる状態になる(有事日本護国組織によるThe Time通名在日韓朝テロゲリラ一括処理、日韓紛争、米中戦争)
    +悪いのは暴れた敵反在中韓朝
    と、こういう事でしょうか。
    これでさらにエゲツないのは
    ⑥⑥⑥別に敵が暴発しなくても口座凍結と余命作戦(裁判で反日日本人死刑、通報で通名在日韓朝と帰化強制送還or一括処理、官邸メールで促し)と中韓朝内戦(戦争と違い軍人ではない民間中韓朝人の人口を減らせるのが魅力的、止めるのは内政干渉!)で敵をゴリゴリ削れる所ですね☆

    安倍総理トランプはこれらと並行してロシアと組みましたね。
    オバマのロシア制裁にも関わらずトランプーチンは相思相愛の模様。
    既存の政治家と違いチャイナマネーチャイナロビーに毒されておらず美人妻と富を持ちハニートラップや汚職に全く負けないトランプ。
    ヨーロッパやパンギムンを断り安倍総理とのみ直接会談、台湾と電話したと思えば、国家通商会議のトップに超反中、商務長官に反中知日、国務長官に敢えてバリバリの親露派(普通なら親日は当たり前、対中の為敢えて親露である必要有り)、国防長官に狂犬を配置しました。対中経済戦争をふっかけ、中国を内戦(中国人減らせる)か暴発させます。暴発したら最後、「人を撃つのは楽しい」狂犬国防長官と日系太平洋軍司令官が待っています。
    全て「ヨーロッパを見捨て日米露で組み中露離間させ中国叩き潰しテロも叩き潰し後は安定」という世界史の完璧正解、最終目的、完全にこの通り進んでいますね。今までの互いに争い親中韓朝時代を過ごした日米の黒歴史はこの大正解に到達し永遠に安定する為の必要悪であったとしか説明できません。

    いやーほんとに素晴らしい。全く負ける気が全くしません。
    安倍総理や愛國國民の皆様が一斉に体調をお崩しになる事くらいでしょうか。
    どうか皆様お身体にはお気をつけて、正しい日本は健康に迎えましょう!
    2017年01月01日 22:34
  • 神無月

    大和心様。
    皆様。

    「あけましておめでとうございます」

    初日の出を海岸線で拝みました。
    水平線に少し雲が有りましたが、激動の年とは思えない穏やかで綺麗な朝の光でした。

    その後、檀家のお寺さんで、お年賀の法要。
    そこでいただいた言葉です。
    「生きるとは、人に生かされ、人を生かすこと」

    まさに「シラスの国」ですね。思いやり合いの社会です。

    安倍内閣総理大臣 平成29年 年頭所感
    http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0101nentou.html

    終わりの部分の抜粋です。

    「2020年、さらにその先の未来を見据えながら、本年、安倍内閣は、国民の皆様と共に、新たな国づくりを本格的に始動します。この国の未来を拓く一年とする。そのことを、この節目の年の年頭にあたり、強く決意しております。」・・・・


    国づくりが、助走からジャンプするようです。
    稲田防衛大臣の靖国参拝も安倍総理からの GOサイン!

    父が危篤で流した涙をあざ笑う売国奴を、総理も稲田女史も許さないでしょう。

    主様も、お身体の精進をされながら ジャンプ!の時がまいりました。

    現世と天世の読み解きにて導きを賜りたく、
    「本年も、よろしくお願い申し上げます」
    2017年01月01日 16:09
  • はま

    大和心さま
    皆さま
    さる年は大変お世話になりました。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
    2017年01月01日 11:49
  • 特命希望

    明けましておめでとうございます。
    旧年中は、主様そして多くの読者の高いリテラシーに接し、多くの事を学ばせて戴きました。本当にありがとうございました。
    さて、今年は、日本国内の徳亜三国人の苦し紛れの犯罪や、それぞれの本国の動向、米露・EU等の思惑もからんで、また中東・アフリカではISやボコハラム等過激犯罪集団のテロにより、国際情勢が一段と緊迫するかと思われます。
    まずは朝鮮半島の混乱をいかに日本に利ある形で展開させ、在日朝鮮人の送還につなげるのか、半島全体がロシアまたは中国の影響下に置かれた場合の日本の安全保障はいかにあるべきか、衆院解散・憲法改正も考え併せると、私には複雑な高次方程式にも思えて、最適解を導き出す方法を、ない頭を絞って考える日々が続きそうです(苦笑)
    ただ、マスコミ対策はなるべく早い時期に行った方がいいとは思います。最近でこそ報道に騙されない人が増えてきたとはいえ、まだつい信じてしまう人も多いことでしょう。
    つい先程、地元自治会で氏神様に新年の参拝をしてきましたが、未だパチンコの話題で持ち上がる一団もおりました。
    マスコミに関しては、こちらの「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」内の記事『皇紀二千六百七十七年の年初にあたり』に参考になる知見が掲載されています。
    ほんの一部を抜粋・転載させていただきます。
    引用開始
    >ジャーナリストの山口敬之氏が言うには
    今安倍内閣と一番近く、一番情報を取れる記者の1人は朝日新聞にいるのだそうです。
    ところが朝日新聞としてはこの記者を親安倍とみなしてなのか、日曜のコラムを書くくらいしかさせてもらえていないとのこと。
    以前、世論調査の結果の記事を執筆中の30代の記者に対して、40代の朝日新聞の記者が記事の内容の偏向を強要し暴行を加え、身の危険を感じた記者が警察を呼ぼうと携帯を取り出したところ、その携帯を奪って叩き折ってなおも暴行を加えて事件になったことがありました。
    自由な議論は朝日新聞の社内には存在しない、ということを見せつけた例だと言えると思います。
    自分達が徹底した偏向報道、捏造報道を行って安倍内閣をひたすら誹謗中傷し続けているのに与党の支持率が下がって野党の支持率が上がると言う事が起きない。
    だからこそ世論調査で安倍内閣の支持率が下がらない事を疑問だと
    朝日新聞の世論調査担当とかいう人は嘆いたのでしょう。
    引用ここまで
    尚、全文は、こちらのリンクをご覧下さい。
    http://ttensan.exblog.jp/23753586/

    マスコミはいよいよひどい正体を隠そうともしなくなってきましたが、安倍戦略そして余命PTや桜井誠氏等が推し進めてきた日本再生の成果が、情報に詳しくない一般の国民の目にも見える具体的な形となって現れるのではないか、と希望的観測をしております。
    末筆になりましたが、主様そして読者の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

    以上、長文・駄文にて失礼いたしました。
    2017年01月01日 10:33
  • 波羅

    皆さま、明けましておめでとうございます。

    今年はこんな歌が流行りそうです。

    7月9日、僕らは変わった
    何も恐れなくなった
    この世をおかしくしてたものに
    皆を怖がらせてたものに
    勇気を出すんだ
    目を背けるな
    立ち上がれ、戦おう
    2017年01月01日 06:21
  • 春うらら

    レコ大は世論を反映させるのであれば
    どう公平に考えても、「海の声」か
    大流行の「恋ダンス」だと思うのですが

    選択肢が多くない中での珍事?笑を堂々と世に出すとは厚顔無恥というか、視聴者をナメているというレベルの話ではありませんね

    紅白で大物歌手落選がありましたが…
    やはり芸能テレビの正常化は同士討ち、仲間内での権力闘争でしかもう可能性はないのかもしれませんね


    というか今現在、賞なんてものに価値なんてあるのかどうか
    アイ ハブ アン アップルの
    ピコ太郎に禁断の果実を食べられた気持ちになりました

    この現状を招いたのは、今嘆いてるあなたたちの責任ですよ、自業自得ですよ
    世論を動かそうとするなら、権力「だけ」に頼るのをやめてみませんか?
    smapの解散の本当の影響は、テレビ人の中から忘れられたときに「華麗なる逆襲」も始まるでしょう

    お金で人の心は買えないって
    本当なのかどうか…
    また今年一年、芸能テレビを注視静観したいと思います


    「♪さあ本当の敵はだれだっけ
    そうかんがえても判らない
    今日たった今の瞬間運命が
    動いているんだ
    じゃあ相手を忌み嫌う前に
    そう愛するやりかたがいい
    ああきっと皆共通の標的(ターゲット)を
    狙っているんんだ♪」
    (作詞 椎名林檎)

    今、私がいちばん聞いていて気持ちのよい歌です
    みなさんも是非一度お聞きになってみてくださいませ♪



    2017年01月01日 02:33
  • 内記正時


    新暦では、12月31日が大晦日ですね。
    私と妻は神職でもありますから、神道の慣わしに従って、この日は二人で「大祓(おおはらえ)」の神事を執り行い、日本と日本人の「祓い清め」を祈願いたしました。

    平成28年は、4月の熊本大地震がきっかけとなって大和心様と不思議なご縁をいただきましたこと、感謝申し上げます。ご好意に甘えて、何度も拙いコメントを投稿させていただきました。誠に有難うございます。同時に、拙コメントをお読みいただいた読者の皆様にも心から御礼申し上げます。

    ところで月神示は、「旧暦」の日付によって神示を降ろしているものが数多くありますが、旧暦の「大晦日」とは「節分」のことです。節分と言えば、ほとんどの方は「福は内、鬼は外」と連呼する「豆まき」を想起されるでしょうが、節分の意味は「季節を分ける」ことであって、旧暦では主として冬から春への転換点となる「立春」の前日を指しています。年賀状に書く「新春」とは、本来旧暦から来ているのですね。

    新暦が世界標準として定着しているため、1月1日から新年が始まると誰もが思う所ですが、旧暦での新年はもう少し先(立春の頃)になります。何故このようなことを申し上げるのかと言いますと、日月神示の神仕組は、新暦よりも旧暦を基準として発動すると考えた方が合理的であると考えられるからで、しかも「節分」は、神仕組上の大転換点に当たっているという特色があるためです。国祖様(=国常立大神)が太古の昔、邪神らに追放されて隠退した日が節分であり、近世(明治25年)になって復活復権されたのも節分でした。更には大東亜戦争において、日本が敗戦に向かって坂道を転がり落ちる転機となる日として預言されたのも、昭和20年の節分だったのです(事実その通りになっています)。

    また、新暦は太陽暦のことですから、地球から見た「太陽の運行」を基準に作られていますが、旧暦は「太陰太陽暦」であり、「太陰(月)の運行)」と「太陽の運行」の両方が組み合わされた暦です。来るべき新世界(=ミロクの世)は「陰と陽」が統合された調和世界ですから、暦もまた現在のような「陽(太陽)」だけのものではなく、「陰(月)」と「陽(太陽)」が統合された旧暦に戻るのかもしれないと思ったりもします。

    このようなことから、日月神示を研究している私は、新暦の大晦日よりも、旧暦の大晦日(節分)の方が神仕組上は重要であると見ています。ひょっとすると、来年の節分は何か巨大な変化の分岐点になるかもしれないなどと考えたくもなります。

    さて平成29年(2017年)は、日本も世界も更なる激動の時代となることでしょう。その中で、人々が光(神人)と闇(獣人)にキレイに分かれる状況も加速度を増していくことは必然です。多くの人々はこのような時、「日本はこれからどうなる?」と心配されるでしょうが、日月神示によれば、日本は神国として復活する仕組になっていますから、何も心配するには及びません。むしろその日本に「あなた」が臣民として残れるかどうかが重要でありましょう。一人一人の「生き方、生き様」が神の御心に適うこと、即ち惟神(かんながら)の道、このことがこれほど大きく問われている時節はありません。
    2016年12月31日 23:34
  • ひらめ

    大和心様、そして皆様
    こちらで皆様方のお話を読んいで本当に世の中には博学な方々がたくさんいらっしゃるのだなといつも感心していました。そして、そんな方々が日本を憂い日本を守ろうとしている、これほど頼もしいことはありません。そんな尊敬すべき方々の中に混じって自分も何かを発言するとは考えてもいませんでしたが、今年になって勇気を出してコメント入れたことは、私もとても良い刺激になり、ただ読んでいるだけとは全く違って、物事の捉え方や理解度がそれ以降とても深まったように感じます。

    こうした幅広い・・スピリチュアルなことも自然に受け入れてくださる政治ブログ・・稀な存在ですし、こうした大和心への回帰というブログがたくさんの支持を受けて存在すること自体が、新しい時代の兆しというものを感じさせます。本当に大和心様、ここに集う皆様も含めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

    それから健康ですね、何においても健康で元気でなければ成し遂げることは難しいです。どうぞ皆様も体をちゃんと気遣って来年以降予想される激動の年を乗り越えていきましょうね!

    また来年も引き続きよろしくお願いいたします。
    2016年12月31日 23:04
  • 山縣

    本年もお世話になりました。来年も内外の動向に対する解説記事をよろしくお願いします。

    12月29日の「132.戦後体制の終焉…安倍総理の真珠湾演説」で戦後体制が終焉したことを解説されておりましたが、バブルの頃、新聞で石川好の日米両首脳が広島、真珠湾訪問が実現したら戦後が終わるとの記事を読んだ記憶があります。石川好自体は反日左翼の作家ですが、反日左翼の発言だからかえって、説得力があると思います。原爆投下50周年の日に当時のクリントン大統領が原爆投下に対して謝罪しないと発言したので、実現は不可能だろうと思ってましたが、それが今年実現したわけです。時代はかなり流動的になっていると感じてます。

    それにしても昨年末の日韓慰安婦合意の本質を理解して解説したのは大和心様が最初ではないでしょうか。プーチン日本訪問について火病を起こした名誉教授がいたそうですが、反日左翼に限らず、保守派も含めて学者やジャーナリスト達は未だに戦後体制の終焉や安倍首相の戦略、策略を理解してないように思えます。
    貴殿のブログや余命3年時事日記にアクセスすると日本の文系知識人の存在意義を疑いたくなります。
    2016年12月31日 20:34
  • 妖精さんの端くれ

    年の瀬のご挨拶に参りました。今年一年お世話になりました。
    昨年末のご旅行前に更新して下さったこと、よく覚えております。
    あれから本当に色々とありました。
    私が初めてコメント投稿させていただいたのは、こちらが攻撃されている最中でした。
    怒りと危機感とで、黙っていられなくなったのが始まりでした。
    同じような想いで言葉を発し始めたり、行動するようになった方々もいらっしゃるのではないでしょうか。
    来年はこうした動きがさらに拡がっていくでしょう。

    よいお年をお迎えください、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
    2016年12月31日 17:23
  • 月の

    こんな話を聞いたことがあります。
    初詣や、またそれ以外の機会にも
    皆様神社に参られることあると思いますが、
    神社には、試験の合格祈願や病に霊験あらかたな効果があるなど様々なご利益をうたう神社があります。

    そして同じ神社でも伊勢神宮は、創建由来から他とは一線を画していて国家繁栄、皇室弥栄など個人の願望祈願とは違った聖地です

    今風でいうと、パワースポットという言葉ですが、いわゆるご利益神社の力というものは、小さな歯車を回すもの
    つまり、その神社に参った効果は数ヶ月、遅くても数年でわかるというのです
    そして伊勢神宮の力というのは、大きな歯車を回すというもの
    つまり、歯車が回りきるにはかなりの時間を要する。しかしいざ回りきったときには誰にでもわかる大きな変化だと。
    地球もものすごいスピードで回っていますが、
    地球で暮らしていて自転公転で酔った人など聞いたことないですよね笑


    すべての神社の頂点に位置する日本人の心のふるさと伊勢神宮
    その力は日本全体、日本人全体に及んでいます
    今年もそうですが、来年ももっと大きな力で、
    大きな歯車は回されることと思います
    しかし、ほとんどの人には大して変化は感じないだろうと思います
    だからこそ回りきったときのために、
    全く今までとは違う次元に
    居心地が悪くないよう
    今からの身魂磨きの必要もあるのだと思います

    こちらのブログにいらっしゃる方は
    船酔いする人もいるかもしれませんが…
    10年後、20年後の日本のためになるように
    春夏秋冬、四季のある世界で最も歴史のある
    神の国、日本を
    信じ抜き、守り抜きましょう

    2016年12月31日 17:09
  • ハゲおやじ

    大和心様

    今年はお世話になりました。来年も進むべき方向をご教授
    賜れば幸いでございます。

    大和心様をはじめこちらにお集まりの皆様にも、くれぐれも
    ご自分やご家族のお使いのパソコン、スマホ等のセキュリティ
    対策を万全になさってくださいませ。

    年末年始等の長期休暇中にいろいろとインシデント(セキュリティ
    上の事件)に見舞われることがございますので。

    国の方からも注意喚起がなされました。

    長期休暇における情報セキュリティ対策
    https://www.ipa.go.jp/security/measures/vacation.html

    世界一のサイバーテロ国家が隣国ですので、気持ちを
    引き締めて臨みたいところです。

    アメリカがサイバー攻撃の件でロシアを非難していますが、
    今やサイバー空間は常に戦争状態です。一人一人がセキュリティ
    対策を施していくことが国防につながっていきます。
    2016年12月31日 14:36
  • 芋瀬童子

    今度はこれは置いて行く、と言って学舎に戻った叔父、次の帰省の連絡船が基隆沖で雷撃で遭難、19歳。靖国神社に合祀されたのがもう40年近く昔だろうか。置いて行った写真機の中に一枚だけあったのが遺影。重機関銃座の中で被弾戦死の叔父、分隊を率いて散兵戦中に戦死した叔父、家族との別離の為に一か月の休暇をもらった叔父は高雄から出撃蘭印方面海上で行方不明。『今度は帰れません、叔母様御達者で』と出撃、アッツ島で戦死の親戚。空戦中に被弾行方不明の親戚。ソ連兵に射殺された本家。満州から太平洋に続いたあの戦闘は日本人にとって何の意味があったのかと考え続けて自分なりの結論を得た。
     それは『日本民族が命を懸けて敢行した【美学の実践!】・・今はそう思う。三島由紀夫氏は周回遅れで後を追った。
     では我々日本人の神の眼には?・・アッシリアのセナケリブから『汝らはあの折れた葦、エジプトを頼るか!?』とせせら笑われた遠い祖先とは違い、孤立無援で己の美学の為に戦った。
     その心を忘れまい!!
    https://www.youtube.com/watch?v=j0ZPt-PreK4

    ・・そこいらの汚れ穢れに解ってたまるか!

    美しき日本に 日はまた昇る!! 皇紀2677年
    2016年12月31日 14:17
  • ばたつよ

    大和心様
     こちらのブログで貴重な情報をいつも頂いております。本年もありがとうございました。来年は大掃除の年となりそうですが、当方は自分にやれる事をコツコツとひた押しに行うだけです。
     日本を取り戻し、良い年としたいです。

    では良いお年を。
    2016年12月31日 11:28

この記事へのトラックバック