170.煽る反日メディアの「強行採決」。もはや誰も「強行」だとは思っていない!

祝!テロ等準備罪衆院可決!

例によって反日メディアのヘッドラインは「採決強行」の文字が舞う。
この法案が可決すれば、反日勢力はこれまで戦後70年余りにわたって特亜の利益に立って日本を乗っ取り、貶め、大手を振って日本を牛耳ってきた反国益勢力の論理が崩壊の危機に陥るとあって、どんな手を使ってでも阻止しなければならなかったのである。

第二次安倍政権誕生後は、彼らの欺瞞、捏造、煽動…国民を欺いてきた闇にスポットが当てられ、安全地帯だったはずの居場所が炙り出される羽目になった。

安倍憎し、である。
彼らにとっては、どんな手を使ってでも、安倍総理を失脚させるしか打つ手がなくなってしまっている現実を目の当たりにした時は既に手遅れだった。

もう国民の多くは「強行採決」等とは思っていない。

思えば、朝日と反日野党が結託して、テロ等準備罪とは全く無関係の森友や加計問題で、無理やり安倍総理と結び付け失脚を企てたが、全て不発に終わったばかりか、自らに飛び火して辻元清美の生コン疑惑が明るみになり、玉木家族の個人的利権がらみがさらけ出される始末であった。

全てはテロ等準備罪の成立を阻止するための、悪意ある審議引き延ばし策略であることは、よほど目覚めていない国民か反日勢力でない限り、毎度恒例のお家芸であることは看破されていた。
反日メディアは真相を隠し、必死でこれを「強行採決」と印象操作しているが、報道機関としてこんなことが見えない様では、崩壊も時間の問題だ。

特定秘密保護法、テロ三法、マイナンバ-、安保法制そしてテロ等準備罪…
安倍総理の日本再生計画は、在日反日左翼勢力の悪質、卑劣な手段を以て妨害を繰り返されてきたが、誰も取り組むことがないまま戦後70年余りを経過した。
これら国家・国体護持の存続発展防衛の基本にかかわる重要案件は、安倍晋三政権によって戦後72年目にして漸く成立したのである。

残された悲願の憲法改正は、いやが上にも保守のお面を被った反日、護憲勢力も含めた踏絵であり、正体はほどなく晒される段階を迎えているようだ。
蒙昧としていた偽装保守勢力の正体もやがて白日の下にさらけ出される日が、刻一刻と近づいてきた。

姑息な民進党にとどめを刺した採決直前の維新・丸山穂高議員の発言は、汚染された反日野党の不毛な体質で蔓延する空気を一挙に清浄化する一服の清涼剤のようである。
(20分前後から丸山弾炸裂)

民進党は不評だったプラカ-ドはやめたようだが、恒例の委員長席に詰め寄って採決を妨害する見苦しいパフォ-マンスは、誰に見せるためなのだろうか。

国会5/19【テロ等準備罪】神回 丸山穂高 民進党にとどめをさす 
https://www.youtube.com/watch?v=tV48mYG_15w



最後まで…民進茶番劇場 テロ準備罪、衆院委可決 

2017.05.20


 「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日、衆院法務委員会で可決された。委員長席を取り囲み、怒鳴り、なじれば、立場が異なる政党には「自民党に入れてもらえ」と罵声を浴びせる-。民進党が演出した採決の喧噪(けんそう)は、不毛で荒涼としていた。(松本学)

 「やめろ!」「何を言っているんだ!」

 野党筆頭理事でもある逢坂誠二氏ら複数の民進党議員は、採決が始まった途端、鈴木淳司委員長(自民)の席に詰め寄り、マイクも奪って議事を妨げた。

 民進党は今回、緊迫した採決で議員がメッセージを掲げる「プラカード戦術」を見送った。世論の評判が悪かったからだ。しかし、この日の質疑でも相変わらずのピント外れな発言を連発した。

 逢坂氏は「質疑の終局には首相入りでしっかり議論するという話になっていたが、ほごにされた」と与党を批判した。

 しかし、同委では17日に安倍晋三首相入りの質疑が予定されていたにもかかわらず、民進党などが金田勝年法相への不信任決議案を提出したことで、質疑は流れた。これでは「建設的な議論をする気など最初からなかった」(日本維新の会の椎木保氏)との批判は免れない。

 階猛氏は、民主党政権の平岡秀夫法相時代と現在の方針の違いを説明した官僚の答弁に異論を唱えた。

 「皆さんの仕事のやり方は信頼できない。大臣が代わったから元に戻る。役人としての矜持(きょうじ)があるのか」

 政権が代われば施策が変わるのは当然だ。「政権交代」を最大眼目に掲げる野党第一党が、その意義を公然と否定したに等しい。

 採決が近づくと、委員以外の民進党議員も続々と姿を見せ、不規則発言を繰り返した。丸山穂高氏(維新)が「詰め寄ってプラカードを掲げるわけではないだろうが…」と苦言を述べると、山尾志桜里前政調会長が声を張り上げた。

 「自民党に入れてもらえ!」

 与党との修正協議に合意した維新を苦々しく思う気持ちは理解できなくはない。とはいえ、立場の異なる者には罵倒も辞さないという姿勢は、「多様な価値観」(民進党綱領)を掲げる政党像とは程遠い。

 廃案路線で突き進み、行き詰まると院外のデモ隊に飛び込んでアジる-。4月に民進党に離党届を出した長島昭久元防衛副大臣は、平成27年の「安保国会」での当時の民主党への失望をこう語った。

 蓮舫代表は19日夕、市民団体が主催する国会前での抗議集会に繰り出した。

 「皆さんの声をなかったものにしている政権に、心の底から『おかしい』と言おうじゃないか」

 「院外のデモ隊」と手を携えこそすれ、国会での熟議にはくみしない姿勢が、1桁台の低空飛行から脱しない民進党の政党支持率に表れている


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170520/plt1705201000004-n1.htm


この記事へのコメント

  • 芋瀬童子

    にゅう様、なまけ癖に喝を入れて下さってありがとうございます。

    日本人が古代のイスラエル、神に選ばれた民族の子孫だって?!冗談も休み休みに言わんかい!皇室の予告が創世記にある?ウソだろ!和食が持てはやされる、それも創世記に書いてあるって?キミねえ、かなり重篤な病になっているんじゃないか?紹介状を書いてやろーか?
    と言うのがまあ、物好きにも読んだ人の99.999%の感想だろうと思うので誰かに火を点けられない限り面倒くさくて書かないのであります。
    本ブログ主殿は寛容にもこのような的外れを見て記載下さるので内心忸怩たる思いでおります。深謝!!頓首頓首再拝謹上!
    2017年05月26日 10:04
  • にゅう

    大和心様、おはようございます。(#^.^#)

    昨夜、芋瀬童子様のブログに少し書き込みを入れたのですが、そのままコメント欄に出てしまいました。(焦)

    芋瀬童子様、突然押しかけてごめんなさい。<(_ _)>
    2017年05月26日 07:24
  • 佐久奈

     こたママ様へ
    内記先生より賜った糸。糸は意図の裏返し。
    内記先生に神よりの意図が降り、投稿され、
    その意図を汲んだこたママ様が余命様へ転載された。
    その意図に感応し余命チームが掲載認証されました。
    そして読者諸兄に糸が網羅されました。

    あの時私は読者様方の心の高揚を感じました。
    まさに意図が糸となり読者の心を繋いだ出来事でありました。

    事後を気にしておられますが、私は大変良かったと思います。
    ただ、皆様もお邪魔する立場であります故、
    いいねのコメントするにも少々気兼ねが有るかと思います。

    それよりもコメントの数ではなく、深さを読み取って欲しい。
    ”糸に”託した収まり切らぬ先生の思いの丈を忖度して欲しい。

    今年のはじめ大和心様へ私を導いてくださり、更に内記先生と余命神司への
    橋渡し 二度にわたって結びの御神業なされた こたママ様は
    私の目には菊理姫神と映っております。

    ご存知でしょうが、一二三九九算表に現れた上下左右対角
    全てが鏡面対象に並ぶ整然とした数字曼荼羅。陰陽顕幽の存在が
    はっきり表されています。

     千引きに隔たる二神を 言持ち繋ぐ九九理姫
    時節が巡り来たなれば 千引きの岩戸息合わせ 共に開けなん 妻神に
    乞われて夫神 答へては 然に良けむと 宣り給ふ
    古事に因みし神芝居 岩戸開きの型となれ 余命と大和 渦巻いて
    弥栄ましませ”あわの國”

    何事も神意。惟神であります。老婆心ではありますが、うつむき顔は似合いませぬよ。

    主様、毎度すみません!(合掌平伏)
    2017年05月25日 17:07
  • 芋瀬童子

     特命様が引用なさっている、プーチン大統領言う『(我々の)真の敵はテロリストではなくジャーナリストである。』を見てもう一度(多分殆どの方々が夢想妄想と思われるかもしれない)私の解釈を書いてみます。連投ご容赦ください。
     聖書黙示録に次のような記事がある。
    『16:13 我また龍の口より、獸の口より、僞預言者の口より、蛙のごとき三つの穢れし靈の出づるを見たり。 16:14 これは徴をおこなふ惡鬼の靈にして、全能の神の大なる日の戰鬪のために全世界の王たちを集めんとて、その許に出でゆくなり。』
     ここに出て来る【蛙のような三つの穢れた霊】、これがメディア、報道、ジャーナリズム等であろう。龍の口の龍とは神、即ち宇宙の法則を侵そうとして霊界から地上界に投げ落とされ、浮遊霊となった悪魔なるモノ、獣とは人間の政治組織、偽預言者とは宗教者、学識者、知識階級等。
    『全能の神の大なる日の戰鬪のために全世界の王たちを集めんとて、』とは・・・神は見えないからその代表部を攻撃してこれを地上界から抹殺し、以て神に対して勝利を納めようとする戦闘、それに世界中を集結させようと目論む。
     森友でうまく行かなかったら加計を持ち出し、メディアがワルノリして騒ぐ。俗に共謀罪と称して恐れる法が制定される目途が立ったら国連とか言う黙示録言う第八の野獣がこれにチャチャを入れる、イアンフ問題についてまた調べ直そうなどと言う、・・何故今の時期に?? 石破何とか言う御仁が朝鮮に謝り続けよと言ったとか言う記事が出たりトラストミーのハトオジサンがともかく日本は悪い事をしたのだ、とコメントしたり、無教養無見識田舎紳士顔役集団が共謀罪立法問題ありと言ってみたり・・・様々するのか??さらに、まさに支那人は日本を地上から抹殺せよと言っているではないか。神に言い逆らうモノ、サーターンの言葉そのものをもろに喋っている。一帯一路の本心とは結局日本を孤立させ無に帰せしめようとの謀でしかない。
     これら全ての背後で、黙示録の言葉を借りれば『天上界で神に逆らって地上界に投げ落とされ、間もなく漆黒の闇に千年の拘束と言う処罰を受けなければならないモノ』が糸を引いて操り人形を操作している。
     現象だけ見てはいけない、我々に禍々しい幻像を見せて騙そうとする者の正体をいつも見ていなければならない。神道系のある宗教によればその類は正体を見破られれば通力を失うと言う。どうか現政権が世界情勢国内情勢の森林に隠れるプレデターを見失わないようにと念ずる。
    2017年05月25日 13:04
  • 猫ちゃん飼いたい

    始めてコメントさせて頂きます。
    余命ブログからここに辿り着き、ここのコメント欄から内記正時氏の日月神事に出会い、今、『秘義編』を読み始めたところです。
    余命さんとこで内記氏の日月神事を読んでいるとコメントした者でございます(笑)
    なんか変だなと思いながら何が変になってるのかわからず息子の将来を案じていたのですが2016年3月に参議院選挙がきっかけでSNSを使うようになり、余命ブログに出会い、変なものの正体を知った時は、愕然としました。それまで私はまんまと洗脳されKPOPに韓国ドラマにハマっておりました(-_-;)情けない。
    でも、きっぱりとやめて、それからは余命さん達と共に目標達成までひた押しの一人として参加させていただいております。
    ここの内記正時氏のコメントは、本にはないコメントもあり、
    とても楽しみにしています。
    もうおバカな4野党なんて、国民の殆どが相手にしていないとおもいます(笑)と言いながら何度もキレてますが。。。(;^ω^)
    内記氏のおっしゃる通りまだ辛抱が必要ですが、コツコツひた押し
    頑張るしかないと思います。
    すみません。つまらないコメントつい書いてしまいましたm(__)m
    2017年05月25日 12:10
  • 特命希望

    まずは、先日のイギリスはマンチェスターで起きた悲惨なテロ事件にで犠牲になられた方々(8歳の子供まで…)に衷心よりお悔やみ申し上げるとともに、怪我をされた方々の1日も早い回復を祈りたいと思います。

    テレ朝は、この事件の報道直後、テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)が衆院で可決されたニュースを報じていました。
    その中で野党の相も変わらぬ「法案反対」という戯言、与太話を大きく取り上げていましたが、私はいかにも無神経な印象を受けました。
    共謀罪に類する法律が整備されているはずのイギリスやアメリカでさえ悲惨なテロが後を絶たないのに、我が国でようやくテロのような組織的犯罪を包括的に防止・処罰する法律が成立しようとしているという事実に対し、野党の声を借りてテレ朝が反発している図式に見えます。
    勿論、反日に血道を上げるテレ朝なのでそれが当然のスタンスなのでしょうが、「テロが予防できる法律ができるなら、結構なことではないか」と思うのが普通の人間の感覚ではないでしょうか。
    また、テレ朝は相も変わらずISを「イスラム国」と呼んでいます。
    あの反日NHKでさえ、「IS(イスラミック・ステート)」と呼んでおります。

    欧米の事例を見ればわかるように、いわゆる「ホームグロウンテロ」型の事件が多く、犯人は当局がマークしていた場合もありますが、必ずしも万全ではなく、ごく一般の市民がテロを起こすことも多いのです。もちろん、その背後には共犯者・支援組織がある場合がほとんどですが。

    実は、これは私の怒りに任せた暴論だとは思いますが、日本でも普段から公安が監視している極左暴力集団は別として、凶悪なテロリスト予備軍が市井に紛れて暮らしているとみて、テロ等準備罪が施行された暁には、公安機関による盗聴や通信傍受、囮捜査を認めるべきであると考えます。それが、一般国民が対象になっても致し方ないと考えます。
    大体が、犯罪に手を染めようとしない限り、公安機関に傍受されても困るやり取りがどれほどあるのでしょうか。
    問題なのは、そのような個人情報が、悪意を持つ人間によって世間に流出することでありましょう。
    現在でさえ、SNSの内容が暴露され、個人が特定され炎上。そのようなことは日常茶飯事です。
    いえ、SNSに限らず、住所やクレジットカードに関する個人情報が、私企業によって一度に大量に流出する時代です。
    野党が「個人の自由を奪う監視社会になる」と強調していますが、この現実の前では、「何をいまさら・・・」と言ってやりたいものです。
    勿論、公安機関の内部も汚染されていることは承知なので、全面的に信頼できかねますが、傍受して得た情報を扱う職員は特定秘密保護法に準じて徹底的に身元調査をし、その使用を捜査目的だけに厳しく限定すべきではあります。

    プーチン大統領やドゥテルテ大統領は、強権的な政治手法が何かと批判されがちですが、国内に宗教・民族対立、また麻薬密売等の組織犯罪を抱える国々では、治安を良好に保つことが国民の幸せにつながると多くの人々が認識しており、その指導者が支持されているのではないでしょうか。
    最後にプーチン語録から二点ほど紹介させていただきます。
    ・テロリストがどこにいようが必ず追い詰める。トイレに隠れたらトイレで退治(◎す)。
    ・(我々の)真の敵はテロリストではなくジャーナリストである。

    以上、乱暴な話で申し訳ありません。





    2017年05月24日 20:35
  • tokumeikibou

    テロ等準備罪
    2017年05月24日 19:44
  • こたママ

    大和心様
    テロ等準備罪可決の記事を投稿くださりありがとうございます。
    反日野党やメディアの「強行採決」(今回は「採決強行」にしたらしいです)騒ぎに
    空々しさを感じる日本人が増えたようで少しほっとしています。
    法案可決から、以前紹介させていただいた拙ツイートのRT数がまた増え始めました。
    国民の覚醒が少しずつ進んできた表れのようで嬉しくなりました。

    内記様
    (連絡偵察機LR-2の事故に涙する)
    お気持ちを共有していただきありがとうございました。
    お亡くなりになった自衛隊員の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
    どうしても多くの方に読んでもらいたいと、発作的に余命ブログに投稿してしまいました。
    ですが、いつどのように謝ればよいのか、ずっと思い悩んでおりました。

    内記さまのご承諾もなく軽率ではなかったか、という思いと、
    余命さんが体調を崩されるほどお忙しいので、チラ見して良いような内容ではないのに
    「ちらっと目を通す」などという失礼な表現を使ってしまったこと。
    お優しいお言葉をいただきましたが、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
    また、私の出すぎた真似で、大和心さまや読者の皆様にご不快な思いをさせてしまったかも。
    コメント数が少な目なような気がしてとても気になっています。
    ほんとうに申し訳ありませんでした。

    (神意を人知で捻じ曲げる愚かさ)
    こちらに関してもご投稿をありがとうございました。
    天皇陛下の「生前退位」(譲位です!)報道と同じく第一発信者はNHK。
    テレビ局は総じて反日ですが、公共放送を行うNHKでは
    その罪の重さも影響力も民放とは比べものになりません。
    NHKは危険です。
    TVジャパンからNHK番組が流れるたびに、偏向放送ウォッチを続けています。
    2017年05月24日 11:40
  • 佐久奈

     お題の強行採決狂言。強制連行、強制労働とわめき立てて日本人にあらぬ罪を着せて更に吊るし上げた後寄ってたかっての袋叩きに堪忍袋が破裂しました。

    主様、毎度お世話になります。もう、事は強制送還で結ぶしかなさそうでございます。

     しかし飼い主がいなくなると脆いものですなぁ。質に取るものなくなるとアレヨアレヨと申す間に自分からロープを首に巻き始めて自分質取るとは!まさか「死んだろかい!コノヤロー!!」とでも脅すつもりなのか?強制自殺?この発想は斬新。もはやコントでございますな。アハハハ...

     少し前の波羅様の仰言っておられた ビルゲWINが全世界から淘汰される日が近づいている気配は私も感じて居ります。トロン?でしたっけ、日本オリジナルOSが長き屈辱を耐え、日の下に出ることを念じて居ります。

      追伸 内記先生と自衛官の皆様には私の理解が浅かったことお詫び申し上げます。

    余命様の方でも先生の御著書を常読されておられる方がコメントされて居り、私も嬉しかったです。いいですね! 糸
    2017年05月23日 17:15
  • 特命希望

    お早うございます。連投、本当に申し訳ありません。
    ただ、内記様ご紹介の天皇陛下に関する毎日新聞の不敬極まる記事が、やはりというか捏造だったので、2ちゃんニュー速+のスレを貼らせていただきたいと思います。
    引用開始
    >【社会】宮内庁、毎日新聞の「陛下 公務否定に衝撃」報道を全面的に否定 「そうした事実はない」★5
    1 :コモドドラゴン ★
    2017/05/23(火) 04:01:15.75 ID:CAP_USER9
     毎日新聞が21日付朝刊で天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議内での一部意見について、陛下が強い不満を漏らされていたとの記事を掲載したことを受け、宮内庁の西村泰彦次長は22日の定例会見で「天皇陛下のご発言の報道があったが、そうした事実はない」と全面的に否定した。
     毎日新聞の記事は、「陛下 公務否定に衝撃」「『一代限り』に不満」などの見出しで1面トップで掲載。昨年11月の有識者会議のヒアリングで、保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「批判をされたことがショックだった」と強い不満を漏らされていたと紹介した。
     また、有識者会議の議論が陛下一代限りでの譲位を実現する方向で進んでいたことについても、陛下は「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と話し、政府の方針に不満を示したとしている。
     記事は、陛下のお考えが宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられたとしているが、西村次長は「陛下が(お考えを)話された事実はなく、従って、宮内庁として内閣に報告していない」と重ねて否定。「極めて遺憾だ」と述べた。
     毎日新聞社長室広報担当は「十分な取材に基づいて報道しております」とのコメントを出した。
    引用ここまで

    なお、このニュースはあの朝日新聞が報じたものです。
    http://www.asahi.com/articles/ASJ7F6W4MJ7FUTIL04G.html

    内ゲバなのか何なのかわかりませんが、もの凄く皮肉な感じです。
    2017年05月23日 06:10
  • 特命希望

    度々申し訳ありません。
    まずは、主様にはこの場をお借りして、内記正時様へのお礼の言葉を述べさせていただくこと、お許しくださいませ。

    実は、物事の表面しか見られない私には、安倍政権が天皇陛下御譲位に関する特別措置法案を打ち出してきたことに、奇異の念を抱いておりましたが、形而上の動きと長期的な日本の在り方を見据えた
    目的があったことは理解できました。

    そして、毎日新聞の記事への内記様のご批判。
    私はこのニュースを2ちゃんニュー速+で見たのですが、以前ニュー速+内のレスにて「こちらのスレは、ただ本文を読むだけでなく、配信元がどこか、そして元記事にまで当たらなければならない」とあったのを思い出し、売国奴の毎日新聞の記事で、しかもソースが「宮内庁関係者」というところからして、疑ってかかっておりましたが、内記様のコメントを拝読させていただき、こちらも胸のつかえが降りた思いです。
    そして、今上陛下の昨夏のご発言は、単なるお言葉でもなく、玉音という形をとった「詔」であるとのご指摘には、大きな衝撃を受けました。

    >(神意を人知で捻じ曲げる愚かさ)というお言葉の意味を深く考え、何をなすべきかと思った次第でございます。
    とにかく、闇を照らしてくださった内記様には、改めて御礼申し上げたく存じます。

    何かまとまりがつかない文章で、すみません。

    2017年05月22日 23:16
  • 内記正時

    (神意を人知で捻じ曲げる愚かさ)
    主様、度々場所をお借りしますこと、お許しください。
    実はネットのニュースで、「天皇陛下がショック、政府に不満」などと報じているものを見たのですが、ことがことだけに看過できず、コメントを投稿させて頂きます。まずはニュース・ソースの一部です。

    >毎日新聞 5/21(日)6:30配信
    天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた。

     陛下は、有識者会議の議論が一代限りで退位を実現する方向で進んでいたことについて「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない。制度化でなければならない」と語り、制度化を実現するよう求めた。「自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」とも話していて、政府方針に不満を示したという。

     宮内庁関係者は「陛下はやるせない気持ちになっていた。陛下のやってこられた活動を知らないのか」と話す。

     ヒアリングでは、安倍晋三首相の意向を反映して対象に選ばれた平川祐弘東京大名誉教授や渡部昇一上智大名誉教授(故人)ら保守系の専門家が、「天皇家は続くことと祈ることに意味がある。それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか」などと発言。被災地訪問などの公務を縮小して負担を軽減し、宮中祭祀(さいし)だけを続ければ退位する必要はないとの主張を展開した。陛下と個人的にも親しい関係者は「陛下に対して失礼だ」と話す。

     陛下の公務は、象徴天皇制を続けていくために不可欠な国民の理解と共感を得るため、皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」(昨年8月のおことば)で作り上げたものだ。保守系の主張は陛下の公務を不可欠ではないと位置づけた。陛下の生き方を「全否定する内容」(宮内庁幹部)だったため、陛下は強い不満を感じたとみられる。
    (引用ここまで)

    上記の記事によれば、陛下が「不満」を持たれている点は二つあり、一つは「一代限りの譲位では自分のわがままと思われてよくない」ということ、もう一つは「保守系の専門家が天皇の在り方を勝手に決め付けている」ということのようです。同記事はこれに関連して「(陛下が)自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と話されているとも書いています。

    私は今上陛下を日月神示が示すところの「てんし様(=スメラミコトの御霊統を継がれている神人)」と捉えていますから、そもそも皇位継承は神人たる「てんし様」の大御心によるものでなければならないと考えています。また天皇の在り方については、陛下御自身が昨年の「お言葉」の中で「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と仰っていることに尽きます。誰であろうと陛下の意を蔑ろにして、勝手な論理や意見を展開するのは神意に反しています。

    私が言いたいのは、陛下の「お言葉」とは単なる「お気持ちの表明」などではなく、神意を反映した「詔(みことのり)」だということに他なりません。ですから臣民は、何よりも陛下の詔を最善最良最高の形で実現するように務めなければなりませんし、それが神国日本の本来在るべき姿だと思います。

    戦後の憲法によって天皇は「象徴」とされ、その地位は明らかに「主権者たる国民の下」に置かれてしまいました。そのため、下々の国民が真の主(あるじ)である天皇と皇室の在り方や制度にまで平気で口を出し、多くの政治家や学者などが「人知」の浅知恵で「詔(天意、神意)」を捻じ曲げても何とも思わないどころか、それが当然の権利だと大錯覚しているのが現状です。

    このように申すと、安倍政権さえも陛下の詔に反する政策をとっているように見えるかもしれませんが、私はそうは思いません。ここは絶対に短絡的また局所的に見てはならず、形而上の「大局観」と「遠望観」を持たなければならないところです。安倍総理が天意に基づいて日本を率いている以上、将来のある時点で巨大なスケールで事態が動き(日月神示的に言えば、全てがグレンと引っ繰り返り)、日本が神国として復活、その後「てんし様」たる天皇陛下が日本と世界の霊的中心者になられるのが、日月神示による究極の神仕組です。しかしそれが成就するまではまだ時間がかかりますし、必要な段階を踏まなければなりません。一挙に一度にという訳にはいかないのです。

    安倍総理が今やっておられることは、コップの中に水を一滴ずつ落とす作業に例えられます。気の長い作業に見えますが、やがてコップは水で一杯になり、最後の一滴で溢れる時が必ず来ます。これが最も安全確実な方法です。日本は法治国家ですから、一滴の水とは必要な法律や態勢の整備ということになりますが、安倍総理がコツコツとそれらを実行していることは皆様の目にも明らかでありましょう。その大きな節目がそろそろ見えて来たのではないでしょうか?余命様たちが国民の側から「ひた押し」して炙り出し、コップの水が溢れ出るその時を待って安倍総理が合法的に「一網打尽」にする、こんな図式が見えるように思います。それまでは、どんなに苦しくても辛くても辛抱しなければなりません。

    さて前記「記事」に戻りますが、実はこの記事自体が大問題です。まず陛下のお気持ちを表している文章表現ですが、これは不適切極まりない最悪のものだと言わなければなりません。例えば「(陛下にとって)ヒアリングで批判されたことがショックだった」とか「強い不満を漏らされていた」、或いは「やるせない気持ちになっていた」などは、陛下に対する尊崇の念が微塵も感じられず、天皇を単なる一個人(私人)と見て、個人である天皇が政府や有識者会議に不平不満をぶつけているが如き書き方になっています。まさに陛下の御尊厳を踏みにじる悪意に満ちた「忖度」の見本であって、不敬の極みと言うべきものです。

    更に「(譲位は)制度化でなければならないと(陛下が)語り、制度化を実現するよう求めた」とある部分に至っては、天地が引っ繰り返っても有り得ない話です。もし陛下が実際にそのように発言されたとすれば、これはもう明白な「天皇の政治的発言」であり「国政への関与」ですから、重大な憲法違反として絶対に看過できるものではなくなります。ところが毎日新聞は、このことを全く問題視していないのです。何故でしょうか?

    こんな重大な情報が宮内庁の「関係者」からもたらされたとして、それをスクープ記事として配信した毎日新聞ですが、その狙いは想像がつきます。これは陛下がショックを受けられて強い不満を表明されたというストーリーを展開することによって、御譲位問題の政治的解決を主導してきた安倍政権を貶めようとする魂胆に違いないのです。もう見境がなくなっているようですが、それにしてもお粗末でありあまりにも酷すぎます。このことによってどれほど大きなメグリを積んだか、いずれイヤと言うほど思い知る時が来るでしょう。

    最後に、こたママ様、佐久奈様、特命希望様、チョコサクレ様をはじめ、前回の拙コメント「連絡偵察機LR-2の事故に涙する」をお読み下さった皆様、殉職された英霊への顕彰とご遺族への温かい励ましの言葉をお寄せ頂き、誠に有難うございました。また、私の愚痴にも似た自衛官時代の話にも耳を傾けて下さり、自衛隊がおかれた問題点にご理解と共感を賜りましたことにも心から感謝申し上げます。特にこたママ様のお計らいで、拙コメントが余命ブログに特出しで掲載され、多くの方々の目に触れたことは大きな驚きでありました。私のコメントは余命ブログと大局的には同じ方向を向いているものの、扱うテーマと守備範囲が異なるため余命ブログへの投稿は控えていますが、今回は強力な接点があったようですね。神の糸(意図)が感じられてなりません。拙コメントが皆様の心の扉をほんの少しでもノック出来たのであれば、これ以上の喜びはありません。
    2017年05月22日 18:44
  • 特命希望

    本日、北朝鮮がまたやらかしましたね。
    菅官房長官の談話を転載いたします。
    >官房長官「北朝鮮から弾道ミサイル1発発射 日本海に落下か」
    5月21日 18時05分
    菅官房長官は午後6時ごろ、総理大臣官邸で記者会見し、「本日午後4時59分頃、北朝鮮西岸より1発の弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したとみられる」と述べました。
    そのうえで菅官房長官は、「現時点において、落下したのは、わが国のEEZ・排他的経済水域内ではないと推定される」と述べました。
    また、菅官房長官は、「現時点で付近を航行する船舶や航空機などへの被害の報告は無い。安倍総理大臣から、情報収集、分析に全力を挙げ、国民に対し、迅速的確な情報提供を行うこと、航空機、船舶などの安全確認を徹底すること、それに不測の事態に備え万全の態勢をとることの3点について指示があった」と述べました。
    東に360キロ飛び 2つに分離か
    政府関係者によりますと、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、朝鮮半島の東海岸から東に360キロ飛び、2つに分離して、日本の排他的経済水域の外の日本海に落下したと見られるということです。

    一方、こちら2ちゃんニュー速+民のレスの一部です。
    >56 :名無しさん@1周年2017/05/21(日) 18:50:27.51
    ちゃんと1週間に1回守っててわろた
    >92 :名無しさん@1周年2017/05/21(日) 18:51:34.70
    北は日本海に恨みでもあるのか?

    いや笑い事ではないのですが、北朝鮮の空元気はどこまで続くのか。
    そろそろ、日米+中露で「火遊びの時間は終わりだ。もはやお前の命運は尽きた」と引導を渡して、叩き潰してもいいのではないでしょうか。ただ、以前から申し上げているように、拉致被害者の救出の目途が立ってから軍事行動に出ることが最善の策ではないかとは思いますが。

    方や、国会では主様ご紹介の記事にある「野党筆頭理事でもある逢坂誠二氏ら複数の民進党議員は、採決が始まった途端、鈴木淳司委員長(自民)の席に詰め寄り、マイクも奪って議事を妨げた。」というような無秩序・無法に近い状態。
    そのうえ、加計学園の話を疑惑にでっち上げ安倍総理を追求しようとしている民進や共産。
    とりあえず、2ちゃんニュー速+のスレタイのみ挙げておきます。
    >【民進党】 お決まりの空騒ぎ「加計問題」追及も現地視察門前払い、法務委では大騒ぎ

    憲法で規定されている「唯一の立法機関にして国権の最高機関」であるはずの国会が、野党によって貶められています。
    法を制定する者が、国会内のルールを守れぬなど笑止。
    そこで、性善説に基づいているであろう現在の国会運営を見直し、いくつものルール違反、例えば
    ・質問趣意書にない揚げ足取りの質問を乱発
    ・プラカードの持ち込み
    ・委員長の制止も聞かず、大声で騒ぎ続ける
    ・委員長のマイクを奪う、委員長に向かってダイブする等の身体を使っての暴力行為
    ・・・etc.
    これらを厳しく罰せねば、今後も正常な国会運営が行われません。
    退場や罰金、目に余る悪質な行為は議員資格剥奪。これくらいやらないと、国民は納得しないのではないでしょうか。
    血税と時間をどれほど浪費すれば気が済むのか。

    勿論、野党の連中は論理だった真っ当な議論をする能力はないし、主様が「恒例の委員長席に詰め寄って採決を妨害する見苦しいパフォ-マンスは、誰に見せるためなのだろうか。」と述べ示唆されているように、特亜の工作員が国会議員の皮を被っているのですから、国会の現状はこのようなものになってしまうのでしょうが。
    最後になりましたが、丸山議員の痛快な動画をご紹介いただいた主様に感謝申し上げます。

    2017年05月21日 20:10
  • 国会ウォッチ

    大和さま、いつもありがとうございます。

    https://m.youtube.com/watch?v=22Z2cGc7mTA

    国会の質疑応答時間は、極端に反日側、つまり背のり帰化議員や侵略を内部から進める側に、時間配分が大きく、日本国民が選んだ国会議員の質疑応答時間は少なく、

    日本国民の意識や権利を反映しているとは思えません。
    マスメディアも、電波権を安く借り、反日行動に寄与してぼろ儲けのビジネススキーム。

    日本人の財産を利用して、それを種に、反日勢力が、富を蓄財し、ますます強くなり、日本人は自殺に追いやられ、拉致犯が捕まらず、日本人拉致被害者を救出奪還できないのは、やめて欲しいです。
    2017年05月21日 17:00
  • 芋瀬童子

     本稿と関係あるか否かは判然としない。が、昨日何となく奇妙に感じることがあった。夕刻、妻が荒地の草刈りをしているとK官が通りかかり、※※センセー(さん、だったかも)の家はどこか?と問うたそうな。共産党員であることは町内会で表向きは知られていないがヒソヒソモードでは誰知らぬものはない存在で、仲間うちで頻繁に会合を持って居ることは風が教えてくれるのだが・・・。『ことあらためて何を今更、逢魔が時に出張って来て在所を問うのか?』と言う奇妙な感想を持った。今夜あたり、非通知が掛かって来るのではないかな。
    2017年05月20日 15:54

この記事へのトラックバック