171.言霊の霊力を甘く見るな!反日勢力の断末魔。

テロ等準備罪が338:121の圧倒的多数で衆議院を通過した。

この後は参議院と本会議での可決を以て成立し、成立から7日程度で公布。公布から20日後の施行となる。

ということは、順当ならば7月下旬あたりにはいよいよ発効となる流れである。

余命ブログでも「有事の外患罪、平時の共謀罪」と指摘されているが、ここまで特亜三国による尖閣、竹島、核ミサイル発射事案により国家の存立を脅かされる対外存立状態となっていることは政府答弁で明らかになっているが、告発に対して検察が遅々として動かない。

しかし、テロ等準備罪の成立によって安倍政権への追い風となって拍車がかけられ、外患罪、共謀罪の両輪によって反日左派は一段と窮地に追い込まれることは必至の情勢であろう。

森友や加計騒動も、反日勢力が自らの死活問題となるこのテロ等準備罪阻止のために、最後の砦は、安倍総理の首を取る(倒閣)以外に起死回生の一手がないところまで追い込まれた苦肉の策であったが、あまりにも愚策であった。

その結果は、辻元生コン砂利利権にたどり着き敵国である北朝鮮工作員であることが明らかになるとともに、玉木雄一郎の実家の利権護持や当時の民主党と結託して朝鮮学校無償化を共謀した元文科事務次官の正体が暴かれ、追い込むつもりが自爆テロとなって跳ね返ってきた。

安倍総理の知人がface bookに投稿した「
朝日は言論テロ」に、総理が「いいね!」を打ったことまで問題視して騒ぎ立てるようになっている現状を見れば、既に勝負あり、である。

逃げも隠れもしないと豪語した玉木も自爆し、辻元は逃げまくり、いまや国賊が居場所を求めて慌てふためいている姿に似ている。
ガソリ-ヌや国籍問題で釈明もないまま曖昧にしているが、蓮舫には高須克也氏からの告訴が取りざたされていて、国籍証明の提示を求められる可能性も示唆されている。

もともと日本は古来から「言挙げせぬ国」と万葉集にも謳われている。
言挙げ」とは言葉に出していうことであり、「言挙げせぬ国」とは「理論闘争」して相手を口で言い負かすことを慎むべきこととして伝えてきたものである。

ことあげ【言挙げ】大辞林 第三版の解説 (※管理人注)

言葉に出して言い立てること。言葉に呪力があると信じられた上代以前には、むやみな「言挙げ」は慎まれた。揚言。 「葦原の瑞穂の国は神ながら-せぬ国然れども-ぞ我がする/万葉集3253

今に始まったことではないが、これまで日本弱体化を画策する反日勢力は、戦略の一環として、言葉の本意、本旨を歪曲させ挿げ替えながら国民に喧伝し洗脳してきたことで国民の覚醒を封じ込めてきた。

憲法第9条を「平和憲法」、在日特権を正当化するための「人権」「ヘイトスピ-チ」等はその典型である。

だが、第二次安倍政権後の日本再生計画の推進とネットの普及により、その欺瞞性に国民が目覚めてきた。

彼らにとって、最も恐れていたことが国民に看破され、同時に彼らの正体が白日の下にさらされてきたのである。

これまで、厚かましくも堂々と事実を捏造し歪曲しつつ国民を欺き、日本弱体化を画策してきた勢力は、ここにきて足掻き始めたのだが、「言挙げ」が過ぎたのではないか。

かと言えば、言葉尻を捉えて粗さがし。揚げ足取りに明け暮れ、日本が日本を取り戻すための国益に資する法案を上程するたびに、本来の趣旨とは全く無関係の不毛な議論に時間を費やし審議を妨害する大罪を犯してきた。

日本語特有の言葉に魂が宿る「言霊」の霊力をあまりにも甘く見過ぎてきたのではないだろうか。

日本語の崩壊も、GHQ主導の日本弱体化戦略の枢軸の一つであったことは明らかである。
弁が立って理屈で言い負かせば勝ちとする「言挙げ」は、本来日本人の精神文化には相いれないものである。

今の民進党や反日4野党のやり方を見ていると「言挙げ」を国会に持ち込んで、いたずらに混乱させ国益の足を引っ張る存在でしかないのてある。

そろそろ、言霊の威力が彼らを戒める時が近づいてきたようである。

テロ等準備罪の適用第一号は、沖縄に集結している革マルなど公安監視団体と共謀する勢力となるのではないだろうか。

最後に「世界遺産の吉水神社」様のブログをご紹介させていただき、本稿を終わる。

敷島(しきしま)の大和(やまと)の国は 
 言霊(ことだま)の助くる国ぞ ま幸(さき)くありこそ

(長歌)葦原(あしはら)の瑞穂(みづほ)の国は 
 神(かむ)ながら 言挙(ことあ)げせぬ国

最近の無学な政治家は知らないだろうがそもそも日本という国は、古来、言葉に出して「理論闘争」して相手を口で言い負かす國家ではない。

シナの国が「南京大虐殺で25万人日本兵に殺された」とか

朝鮮人が「拉致などした覚えもない」と騒いでも韓国人が「慰安婦にされて、強制的に性の奴隷にされた」と言いまくっても日本人は、苦笑いをして、「人の口に戸はたてられない」と敢えて言挙げしないのが日本人だった。

そもそも何とでも騒げばいい

「自ら省みて直くんば 何万にといえどわれ行かん」であった。

そして「天の采配」にゆだねるのである。

まさに

「男は黙ってサッポロビール」である。

ごちゃごちゃ言い訳もしない

感情にまかせて相手をなじることもしない

それが

それこそが武士の道であり凄味でもあった。

ところが最近の日本は何だ

相手国のちょっかいにすぐに振り回されまるで子供のように相手国に同調して騒ぎまくる

武士道の國にあるまじき軽薄さだ

日本人は何を言われようと何をされようとぐっと耐え忍び言挙げしないのが誉れだ

軽薄な言動を慎め

何をじたばた川端柳だ

世界の人々は慌てなくともどんと構えている

日本をいずれは尊敬する

中国や韓国を相手にするな

もしも相手にしたければ

「天を相手にせよ!」

「神を相手にせよ!」

ニューヨークでカナダで日本を侮辱したとしてもそのような嘘はすぐにばれる

騒ぐでない

日本人よ、誇りを失うな!」

先祖を敬い天と地の神々に感謝して生きよう

まさに

日本は「言挙げせぬ國ぞ!」

武士道の誇りある國ぞ

(以下略)

https://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/62640901.html


この記事へのコメント

  • も。再

    大和心さま同様、先を読める方を見つけました。

    かくて昭和史は甦る。渡部昇一。

    高校の国語で、脚気の予防を邪魔しきった東大医学部の森鴎外よりも、私たちは、渡部昇一を、知るべきだった。

    モルデカイモーゼ1979 のユダヤ民族が、ドイツ帝国、ロシア帝国、皇国日本を、倒して理想卿を作ろうとしての「破壊」だったが、むしろ皇国日本は、元から理想卿を実現していた、と謝罪。その中で、エノラゲイ、イディッシュ語の、天皇屠殺という意味と開示。

    いわく、「ユダヤ人が全て奴隷制を支配していた」、「ロスチャイルドが英国を1815金融支配した」、「1913米国は連銀通貨発行を支配された」、だけでは、原爆を日本人に落とした全容解明には、至らない感覚が残った。

    この2つのみが繋がると、日本はユダヤの革命の意思を知らず、ほっておいても潰れたはずを、無用にロシア帝国と戦ったのかも知れないという疑問が生じるし、ユダヤ民族に悪意があり、日本人に原爆を落とし、日本壊滅を図った、となるのだけれど、実はショートカットで、

    渡部昇一氏によると、
    外国排斥、李朝打倒を掲げ、1894 明治27年、東学党の乱が起こったが、好機と清国が出兵してきた。この際、清国は、日本との天津条約を破った。清国は、朝鮮の属国を宣言し、日本は、朝鮮の独立を守ろうとした。日清戦争で、清国が退いた結果、帝政ロシアが出てきた。

    清国は、白人列強国の力を用い、日本に圧力をかけようとしたため、列強に食い荒らされた。そこで白人排斥の義和団が起こった。この義和団は清国全土に広がり、教会焼き払い、西洋人殺害となり、北京制圧、公使館包囲、天津疎開包囲。清国は義和団とグルで放置。

    一気に清国人による欧州白人虐殺の戦争となった。北清事変。欧米列強に救援を要請された日本は、出兵を避けた。侵略と言わせないために。欧州各国の要請をイギリス政府が代表する形で、正式に申し入れられ、初めて日本は出兵を承諾した。

    山口素臣中将率いる第五師団は、欧米との連合軍において、猛暑の中を奮闘するが、日本軍だけが規律正しく、占領地域における一切の略奪をしなかった。欧米兵の略奪強姦は常識であり、ロシアは組織的に略奪し、イギリス兵は個々に略奪した。

    また救援軍がくるまで、公使館付き武官の柴五郎中佐指揮で、日本人義勇兵は、イギリス公使館への襲撃をも救援に駆けつけ防ぎ、大いに感謝された。この北事変で、日本軍人が、飛び切りのファインプレーを示したために、かくも規律正しく、勇敢に動いたために、印象を一変させ、同盟国として信じるに足りる国であると、イギリス外交官マクドナルドより、最初に日英同盟を、提案された。

    日露戦争の日本勝利と、日英同盟を大英帝国から提案されたことは、当時の日本軍人、日本人の誉れだと思う。

    今、日米同盟が、太平洋戦争の激突から、逆に日本軍人の愛国の精神が、尊ばれたように、
    日英同盟は、北清事変での日本軍人の規律、真心が、英国人の信頼を勝ち取った故。

    日露戦争では、明石大佐が、ユダヤの革命に火をつけた、と。その後のロシア革命は、
    日露戦争での日本人の、レーニンとも知己の日本軍人の動きの結果とも言える、と。

    感想
    日米英でいたなら、植民地支配は、大東亜圏の独立性から徐々に波及しただろうし、
    日本が、ドイツ、と組んだのは、中朝が諸外国列強を巻き込んで日本と戦わすが故、間違いだったかもしれない。

    ロシアコミンテルンスパイハリーデクスターホワイトは、具合悪かったかも知れないが、
    その米国議会を騙した、石油停止通知を、日本は、米国人記者会見をして、米国民議会に、こんなん突きつけられたでーとばらすか、

    諜報していようが、公正な日本軍が、奇襲として真珠湾攻撃をしたかのような、意図の誤解をさせたことが、米国人感情を日本人無差別虐殺受容に向かわせた、のだとすると、渡部昇一氏が言うように、

    在米の日本大使館の外務省が、日本政府から緊急連絡があると聞かされながら、大使館に人を残さず、そこから離れる官僚のために、送別会を開いて、緊急連絡を受ける場所を留守にしたことが、一番の原因であった、と。

    まさに有事の公に、日本軍人、日本政府、日本国民の生存のための戦いを目前にした緊急事態でありながら、緊急連絡の予定を知りながら、前線が油断して、真珠湾攻撃よりも、米国政府への連絡を遅らせた、そこに、卑怯な日本人、という扇動が生まれる余地となった。

    田母神元幕僚長の嵌められ方を見れば、外患誘致が有るのなら、
    島民を避難させることを妨害したいずみしき県知事であり、
    有事、ハルノートを日本政府に送りつけ、同時に在米大使館を空にする送別会を仕組んだ?工作員が、在米日本大使館内に入り込んでいたと、想定してみた。その一点に、通告と攻撃にずれが生じ、日本人虐殺の理由が生まれるのにハリーデクスターホワイト勢力は、かけた。偶然ではなかった、としたら。それら工作全てが、日本人無差別虐殺の隙を生んだ。

    卑怯であるという憎悪の入り込む余地を与え、特に中朝ユが、米国民に対して行ったのだろうが、日本人が有事意識を共有し、油断するという工作に嵌められないためには、すでに破壊され解体ぎりぎりの日本としては、「余命」安倍政権、自衛隊は、大変なお役目を背負っている。東郷閣下もユダヤ民族を救ったが、意識共有されていない。

    この 「かくて昭和史は甦る」、を皆様には、お目を通して頂きたいです。駄文では伝えきれない。かなりの遠景、背景でありながら、陰謀論の中の工作1つ入り込む隙なく、精緻な記述で、あらゆる人間と繋がっている。偽証が、無い。私には楽。

    東京裁判で捏造された南京大虐殺の、偽証を、実はひっくり返さねばならない理由がここにある。日本人を無差別虐殺する理由にされる。


    ーこっそり、もみじ
    2017年07月30日 20:46
  • もみじ 長文失礼します。

    大和心さま、失礼します。波羅さまは、これまで数多く、理解できたかどうかは別として、様々に教えて下さってきています。なぜ、怒りが生まれたか、確認しました。

    誰が切り開いた道なのか様、本当に占守島や硫黄島でお守り頂いた世代の日本人が、その命をまだなお、日本の安寧のために、孫の世代のために、お働き下さることは、涙がでます。189で、言われた事をかってに書き直します失礼をお許しください。

    「 年寄りだから駄目だろう、と言うのは非礼。
    やくざや芸能や麻薬は日本再生には枝葉末節。広域暴力団はすでにテロリストの指定待ち。
    やくざの書籍を命令口調で読めという者が、余命ブログすら読み込んでいないのは明白ではないか。安倍総理と余命チームにはそれぞれの役割がある。

    バーニングを告発したいものは自分でするべきである。余命チームに無関係である。誰を告発するかは緻密な戦略に基づいて決められたことで、日本再生にもっとも効果的な作戦が作られている。横から誰を告発すべきなどという話をするのは言語道断 」

    と、書かれていました。おそらく同窓が、英霊の方々のお働き、そして、通州事件のような痛みを受けた女性の記憶を知る方々をも中心として、「余命」は、動いているのだと思います。貴重な判断を、お伝えくださりありがとうございます。

    バーニングについて口火を切られた波羅さまの主張183,184

    南北朝時代が、京都と吉野である訳は、北朝が和邇(わに)国で天智天皇の後継、南朝が日本(ひのもと)国で天武天皇の後継だから。
    反日勢力が大きい自治体ほど、「特に治水がダメ」、道路がダメ、基本的なインフラがダメ、おかしなところに金が消える。(参考に)

    これも勝手ながら、波羅さまの言いたい事を、まとめました。本は読んでおりませんので、本に載っていたかどうかは、波羅さまのコメントによります。波羅さまの勇気に感謝致します。
    波羅さまの言いたい事ー
    一般人にはハードルが高すぎる司法や行政、朝鮮人の告発を「余命」はしてくれている。が、しかしながら、余命ブログや保守サイト自身は、前進し手応えありと自己評価していても、一般人の中に、余命に共感しない者も大勢いる。

    それは、なぜかと言うと、バーニングが、吉松育美事件、NHK海老沢会長追放、企業恐喝のように、芸能界からテレビやCMまで共謀して、一般人に事実を歪曲捏造させて伝えてきたからだ。それ故に、余命読者や共感者は全員が、その仕組みを暴いた「 狼侠」を読むべきであり、実際には、その反日度において、余命チームとその協力者はバーニングを告発すべきだと思われる程である。

    但し、日本全国民、全企業がバーニングの犯罪の被害者であり告発する資格を有していると言える。動くのは安倍総理ではなく、我々国民です。

    以上。

    逆に、有事、核ミサイルや、サリンミサイル着弾と同時に、起こりうるテロゲリラは、通州事件を一応は念頭に置かねばならず、国防を担う安倍政権と自衛隊の方々は、どれだけ、準備されていたことか、と思います。毎回スクランブル発進するように。

    「余命」のされてきた事
    軍事情報の一部開示、日韓情報含む。
    有事、反日勢力として国家転覆を図る繋がりの情報集積
    資本、圧力で優位に立つ全方位の反日気運への制止

    前線は、あまりに過労で、硫黄島での戦いを、あの時本土にいたもののどれだけが、理解していたか、分かりませんが、ぺリューリュー島ですらできた島民の疎開を、沖縄の県知事いずみしきが、拒否したように、事実の共有理解が日本国民はできていません。

    まさに、前線に直接言えない事を、コメント欄では、雑談できている。一般人でも、です。
    誰が切り拓いた道なのか、様、日本には諜報機関もスパイ防止法もありません。あったはずの戦前戦中ですら、ヴェノナ文書も、ロシアコミンテルンスパイ、米国ルーズベルト政府内部のハリーデクスターホワイトに、日米ともに騙され日本人市民虐殺が生じたこと、あの当時は、知りませんでした。戦後、祖父母とも知らずに亡くなったと思います。
    せっかく、読みに来てくださり、コメント欄にまで、目を通して下さったのですから、
    どうか、波羅さまの知らせてくれた「狼侠」、一読して頂けますように。不要であれ、国防、公安に携わるOBの方々には、どこかに役立つ部分が、あるかも知れません。不要なら、棄てるだけです。ご高配お願い申し上げます。

    重要なリークほど、書店から消されるのは早いです。
    但し、個人情報漏洩には、お気をつけ下さい。
    2017年07月29日 18:43
  • 名無し

    笠岡和雄元組長の著書「狼侠」

    比較的大きな書店に行ったのですが、有りませんでした。
    一橋大学での講演を言論抹殺された百田尚樹さんですら、本は山積みですのに、一冊も無いなんて、

    余命時事三年日記も、数冊あるのに、
    どれだけ、、、やばいんだ、と思いました。
    2017年07月23日 22:07
  • 名無し

    訂正 させないでました→させていただきました
    2017年07月23日 21:28
  • 名無し

    http://fukadamoe.blog.fc2.com/blog-entry-3841.html
    波羅さまに触発されて深田もえ公式を訪問させないでました。

    ホンハイは、人民解放軍に技術提供しているそうで、沖縄は自治省で中国領土だと宣言している以上、日本自衛隊の軍備が、民主党岡崎トミ子公安!委員長のスパイ工作で、
    中韓へ流れた結果、戦争開始が延期されたからといって、

    技術漏洩があって良いわけではないと思います東芝メモリも、だそうで、日本は、人工地震、人工津波、ビル爆破、原子炉爆破でやられても、

    日本から米国へ、ロスチャイルドら私物化連銀への借用証書が通貨紙幣の奴隷大国米国からロスチャイルドが最高裁しきるイスラエルへ、イスラエルから麻薬製造売買マフィアの傭兵武器へ、って日本で人生を狂わせた野球人も、マフィア経由で、ロスチャイルドら世界支配グループの犠牲者で有りませんか。イルミナティといったって、じゃあ誰、です。

    マイケルジャクソンもホイットニーヒューストンも殺され、ケネディも殺されて、日本人も殺された8.6 311 911
    誰か、日本民族を虐殺から、救って下さい。

    少なくとも、何重国籍だか不明の、日本の堤防を切り崩し、日本のコンピューターを切り崩した敵勢力の工作員としか思えない人物に、日本のため、なんて言葉を吐かれたくない。

    日本人父親が大勢奴隷狩りを受け、奴隷労働させられ、
    他国のインドネシアなど感謝せずチャイナに尻尾をふる国のため、命を捧げた軍人が大勢いて、戦後も、拉致虐殺され、技術提供と称して、技術漏洩、内部潜入、日本企業の解体、輸血やワクチンを通しての感染、毒ガスから作った農薬の日本蔓延、日本人の開発した大豆や小麦を略奪しての農薬不可欠の農薬用遺伝子組み換え隠して世界一の消費量に売りつけ、

    いったい、どうしたら。
    日本壊滅を是とする工作員をすべからく排除して、
    日本をどうか、専門家も日本国民も一丸となって、守れますように。

    メディアを放送権から、リセットできないでしょうか。
    金融資本とともにメディアが敵勢力の支配下にあるのは、
    正義感のある日本国民が大勢騙されたままになり、被害拡大しうる点において、問題です。
    2017年07月23日 19:05
  • 北海道危険

    余命時事三年日記コメント欄より転載引用。


     6月から産経新聞に掲載されていました、北海道苫小牧駒澤大学の中国化案件の件ですが、今回学生8名による差し止め訴訟になりました。反日司法がどう対応するか。
     今後の成り行きは注目すべきものだと思います。現在、北海道はディズニーランドの敷地15倍にもなる土地が買収されています。中国が大学を買収すれば、中国人達を片道切符で送り込み、日本戸籍をとって乗っ取ることは見ています。当然自衛隊への監視と非常には武器を持ち込み自衛隊基地制圧も考えられます。また津軽海峡を制圧して太平洋への道も確保し、日本での水資源・食料調達も図ることになり中国の軍事化へ油を注ぐことになると思います。中国孫子の兵法による「戦わずして勝つ!調略を図る」を地で行くことになるでしょう。日本国内でも中国を支援する勢力が先手を打って、対応の悪い日本政府を足止めさせて各個撃破という手段を図っているように感じます。
    2017年07月13日 03:53
  • もみじ

    沖縄市議戦 小坪しんや議員による応援だそうです。本日11時?までの応援。https://samurai20.jp/2017/07/ooyama_t-4/

    元自衛官、自民党大山たかお氏。

    石平氏によると、中国が日本を全滅する可能性を論じ、
    かつ沖縄を自治省と考えているようですので、いずみしきのような県政では、外患誘致でチベットのようになってしまう。

    主さま、よろしければ、お願いします。
    2017年07月08日 18:10
  • 与太郎の愚痴

    男は黙ってサッポロビールでは、アメリカ・支那・朝鮮に悪用されるだけです。
    2017年06月03日 00:14
  • 佐久奈

     少し前の話ですが、この世は空と神無月様。その光透波に浮かんだヲシデ文字
    ウツホ、カセ、ホ、ミツ、ハニ、○几△己□。中心にゝが入ってアイウエオ。音に意図(魂)が込められ発せられるのが言霊だとすれば、音は波動の一部ですから、言霊は周波数の違いで音波、電波、光波、放射線、神霊へと姿変え流ら昇華するハタラキの竜体。

    水もまた温度の違いで空を自在に姿変え、形変え循環し、川となり、海へ流れ、氷塊となり、後に蒸気となって取込んだ汚物を浄化しハタラク流体。「龍体」の字一つ取っても当てる漢字によって趣が大きく変わります。ここにその意図が大きく関わると思うのであります。

     私的な時間の経過速度が三年前より明らかに速く感じております。渦は外側なれば、一周に時間がかかりますが、中心に近づくほど早くなります。それを踏まえて今を俯瞰すると日本を貶める言葉を吐き続けた反日どもの穢れた言葉の数々それらが今、浄化されず悉く彼等に還元している様に見えております。込めたる意図の善悪で結果が明暗を分ける好例。今までは時間が長かったから解りにくかったけれど。と私は思うております。

     南無=神聖なものへ帰依する心。それは字の如し南には無く、神界のネ(北)の国へ帰ること。天照大神の大御心は一柱でも多くの御魂が天の精奇城へ帰還する事であると秀真伝にあります。キツオサネ=東西 中 南北。胸で切る十字にも中心のオがありません。
    ”今の臣民 真ん中無くしているでないか。”中は自分であり自我。中今とは心の中芯。その芯裏に真我と来れば、それは天の精奇城に坐す元つ大神の御神霊以外ありえません。

    中心自我がキチと神へ向こうたならば、邪な影は差さぬはず。自我が神と表裏なれば、その立居振舞いに責任の重さも理解できませう。

    九神法の神の国、全てはここ(九九)から始まっています。五色の御幣真ん中黄色。
    ”真ん中動くでないぞ”私の真ん中は常にひふみ神示(おふで)であります。

    生きている今に霊界を認め、ミコトを正していかなければならないのではありますまいか。死んでからでは遅いのです。精奇城へ帰還できるのは誠を奉体した魂のみ。
    無神論者ではいけません。”知らぬは無いのと一緒です。”と 柳田二尉も申して居ります。

     解き明かし日月の神示に照らされて 悩めた思惟の霧も晴れ 内記乃神司に感謝して 
    ゆぐべ祭りに祝詞する 主さまをはじめ読者様 皆々弥栄ましませよ
    2017年06月02日 22:20
  • 特命希望

    連投の上、長文になってしまうこと、お許しください。
    まず、もみじ様のコメント。
    >疎ましさが内在するがゆえ、安倍総理は、譲位という言葉の使用を封印していると考えると、意味が通るのか。

    解析という事は、私の能力を超えているので単なる想像、いえ妄想ですが、安倍総理は本心では、御譲位に関する特措法の成立を望んでいないのではないか、と考えます。
    野党とNHKをはじめとする反日勢力が言い出したいわゆる「生前退位」という甚だ不敬な話を無力化させ、恒久的なものとしないために皇室典範の改正を封じ込める戦略なのかもしれません。
    今上陛下の大御心を下々の者があれこれ推測することは、甚だ身の程知らずなのかもしれませんが、主様ご紹介の「世界遺産の吉水神社」様のブログ内の記事「天皇陛下の「生前退位」には、断固反対する。」には、そのタイトル通りの内容であります。
    大変重い意味を持つ文章ですので、引用する代わりにリンク先を張らせていただきます。
    https://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/65006579.html

    そして、日本の内外で有事が発生した場合(そう遠くない時期であろうと自分は考えていますが)、御譲位そのものが沙汰止みになる可能性もありますし、上手く反日勢力を排除できれば、それこそ余計な雑音なく今上陛下の大御心が具体化されるかもしれません。

    話は変わりますが、有事に関連して小名木善行氏のブログ内の記事「中共・恐怖の女性スパイとは」内で、日本の国防に関して心配な点が挙げられております。
    以下にその一部を転載させていただきます。
    引用開始
    >ちなみに民主党内閣の時代は、国会両院の議員会館のビル清掃は支那人のおばちゃんたちが行っていました。
    彼女たちは、誰もいない深夜や休日の議員会館の各議員の部屋に掃除のために入って、部屋の隅々までの掃除をしていました。
    自民党内閣に戻って、すぐにそれは撤廃されましたが、いま、日本の民間企業で、入退室に際しても個人認証が行われるくらいセキュリティが言われる時代にありながら、我が国の中枢機関には、そのようなセキュリティがほとんどない。
    やろうとすると、予算の関係で云々と水をさされて、なかなか推進できていないのが現状です。
    果たしてこれで良いのか、日本人は、もう少し利口にならなければならないと思います。

    それともうひとつ。
    ある海上自衛隊の基地のある街のことです。
    この街では、ある市長によって、いまから20年ほど前に、女性ホステスが応対する風俗営業が一切禁止となりました。
    条例で禁止ですから、営業すれば当然警察の取り調べが入ります。
    こうしてその街では、完全かつ完璧に風俗の営業が(何故かパチンコは除く)姿を消しました。
    ところが、代わってその街には、支那人女性たちが喫茶店や、カラオケ店、物品販売業のお店などに大量に進出しました。
    当然、オフの日に上陸する若い現職の自衛官との接点も多くなり、なかには結婚する自衛官も誕生しました。
    国境を越えて愛し合っての結婚は、祝福すべきものだと思います。
    その全てがスパイとは言いません。
    しかし、風俗営業の禁止から、外国人女性の大量進出までが、あらかじめ絵を書いてなされた謀略であり、工作であったとしたら、日本は、あまりに守備が弱すぎるといえるのではないでしょうか。
    昨日の記事に、ある方がFacebookで、次のようなコメントをしてくださいました。
    「日本の自己免疫が機能しない。
     例えば、人体に敵バクテリアが入れば、
     それを攻撃するのが自然なのに、
     反対に敵を間違えて自分を攻撃破壊してしまう。」
    それが人体ならばガン細胞になり、それが増殖すれば最後には出血を伴う外科手術に頼らなければならなくなります。
    手遅れなら死に至ります。
    そしてそのような恐怖は、いかにも恐ろしげな顔をしてやってくることはありません。
    魅惑的な笑顔と、モデルのような美しさ、誠実そうな雰囲気でやってきます。だから恐怖なのです。
    古事記では、このような存在が現実にあるということを、探女(さぐめ)や、「妖」という字で明確に存在を位置づけています。
    女スパイによる外患への注意が、なんと1300年前の古事記に書いてある。
    戦後の日本が神話を失ったことが、どれだけ大きな痛手であったのかが、あらためて思い知らされます。
    引用ここまで

    特定秘密保護法には配偶者条項があるので、外国人を妻に持つ隊員が機密を扱うことは殆ど無いとは思いますが、万が一という事もあります。

    そして、こちらは、2ちゃんニュー速+より抜粋です。
    引用開始
    >1 :ばーど ★2017/06/02(金) 18:19:54.17 ID:CAP_USER9
    無料通信アプリを展開するLINEが政府のオンライン行政サービスと連携することが日本テレビの取材でわかった。LINEの画面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようになる。
    関係者によると、LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するという。LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスすることができる。
    LINEのユーザーがスマートフォンなどに読み取り機能をつけてマイナンバーカードをかざせば一部の行政手続きができるという。
    LINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込み。
    マイナンバーカードはこれまで国民の1割程度の普及にとどまっており、政府はSNSとの連携で若者などにマイナンバーカードを広げたい考え。
    配信2017年6月2日 12:31 日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2017/06/02/06363176.html
    引用ここまで

    ソースが売国日テレであるので、全面的には信用できかねるニュースではありますが、もし事実としたら、朝鮮アプリのLINEをマイナンバーサーヴィスに利用することの危険性を政府は承知していないのか、それとも以前どなたかが仰っていたように安倍戦略の一環なのか、気になります。
    自衛隊でもLINEの使用を禁止していませんし・・・

    2017年06月02日 19:38
  • 芋瀬童子

    【もみじ】様が紹介なさっているサイトを見ました。色々なところで日本人=古代イスラエルとの図式が説明されていますね。昔母が言っていた『これ、あたしの一張羅!』それが大学に入って悪友から『おまえイロハ歌を横に読んだらイチョラヤアエ、つまり唯一の神(エホバ)と読める事を知ってるか』と言われてビックリ、それが記憶にあってかねがね注意していました。
     それから40年余り、ここ数年だけでも日本人はイスラエルではないか?との記事はじわじわと増えています。私も自分で聖書を読んで徐々に確信に近くなっています。さて、ここからが本当に言いたい事です。

     いずれ近い内に100%証明できないが100%反証も出来ない、日本人は或は古代のイスラエルの血と伝統を継承している可能性が高い、と国際的な話題になったとしたら、世界は二極分化するのではないか?
    1.先ずシナ共産党、半島亜人は【敢えて】攻撃してくる。
    2.知識階級、メディア、等【自分たちは高等教育を受けた冷静に理性的に物事を考える優秀な人だ】と密かに思って居る人々はせせら笑う。
    3.無学で凡人と見られている人々は【自分も日本人と一緒に行きたい】と喜んで神社に詣でたりする。

     世界が【意図的に日本=イスラエルを無視】して日本にとびかかってくる一群と【日本人に成りたい】一群の論争が沸騰する中で終局が訪れる。それによって人類は宇宙に神が存在することを思い知らされる。
    2017年06月02日 19:24
  • もみじ

    http://quasimoto.exblog.jp/17394142/
    古代イスラエルの王国は日本に。伊勢神宮は世界の聖地。

    生前退位はなぜだめか、霊的継承であるから。
    http://quasimoto2.exblog.jp/23321420/

    いずれも、テスラを愛する物理学者、井口和基氏の文章です。
    日本人サイドの立ち位置ながら、311 は人工地震である派です。

    他のサイト紹介を皆様は、主様に気遣われて、礼儀を欠かないように配慮されているのですが、逆に、主様には完全に出す出さないの選択権があり、編集主権をお持ちなので、公開を望むでもなく、怖がるでもなく、お任せしていると考えています。

    本当に主様の言うよう、和田政宗議員も、足立康史議員も、丸山穂高議員も、胸がすくように素晴らしいです。私は国会動画、報道特注に出ていない民進離党の御仁はまだよく知りませんが、主様推薦であれば、並ぶ方なのだと思います。

    私は、余命時事翁と青山繁晴議員、小坪しんや議員の発言を継続して聞いています。軍人としての視点での世界情勢を知りたいからです。

    また、国家観については、その世代の方々に、小名木善行先生や、主様、中山成彬恭子夫妻、青山繁晴議員の皆様の国家観が、細部にわたって共有され、漏らすことなく、あますことなく、明晰であってほしいです。馬渕睦夫先生や百田尚樹さんも、ですね。ここに、物理学者井口和基氏も加えて頂きたいです。

    これで、相当網羅する範囲が、広くなり、原爆投下の背景まで踏み込め、世界の奴隷支配の詳細も落としていない、ことになります。人体実験についても。日月神示、井口和基氏も言及されていました。小名木善行先生も神代文字に言及されていました。

    サタニズムイルミナティではカバラは、暗殺の意味のようですが、(イルミナティ悪玉論は、日本のイルミナティは含まれません。宇野正美氏証言により、イスラエルイルミナティ東京会合で、東北地図が消されていたが、その会合に日本人は1人もいなかったと言われたから。またイルミナティ地方支部の上になった高須院長は、反日団体に喧嘩を売られて買いましたから。)古代イスラエルである日本のカバラは、鏡像反転、の意味のようです。

    マイケルジャクソンもサタニズムから改心し抵抗して殺されましたから、出自所属は、無関係に言動を見極めればよいのだと思います。もちろん、全体像が明らかになったうえでです。

    以上全て仮説に基づく、今の理解です。

    青山繁晴議員と一平さん、が使う譲位を、安倍総理は使われないので、生前退位を疎ましく思っていましたが、疎ましさが内在するがゆえ、安倍総理は、譲位という言葉の使用を封印していると考えると、意味が通るのか。

    解析宜しくお願い致します。
    2017年06月02日 09:06
  • 波羅

    昨日の国会中継(ラジオ)を聞いてて不快だったのは、各委員が「天皇、天皇」と上から押さえ付けるように連呼していたこと。
    「ミカド」と呼べや!!とぶち切れそうになりました。
    それ以上におかしいのは、民進、公明、社民、共産など、いわゆる皇室を破壊したい泡沫少数政党が大きな発言力を持っていたことです。
    国会議員の比率から考えれば、反日党にあれだけ発言の場を与えた大きすぎる割合自体が、国民世論を全く反映していません。
    広く公開の場で国民の意見を反映した議論?どこが?それに乗じたマスコミの反日発言。
    この公開議論の真意が、反日勢力のボロを出させるための公開処刑なんじゃないか、としか思えません。
    とにかく異常な国会でした。
    2017年06月02日 06:33
  • 特命希望

    主様の記事とは直接関係のない話で恐縮ですが・・・
    このニュース
    >譲位特例法案 「女性宮家検討を明記の創設等」明記
    天皇陛下の譲位を可能にする特例法案を審議する衆院議院運営委員会の佐藤勉委員長(自民)は29日、「女性宮家の創設等」の検討を政府に求める付帯決議案を各党に示した。民進党の主張を尊重しつつ、「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」とは切り離す文章構成となっており、皇室伝統に沿う男系男子の皇位継承維持が望ましいとする自民党に配慮した。
    付帯決議への「女性宮家の創設等」の明記は、一度の例外もなく続く男系男子の皇位継承を壊す第一歩となる恐れがあるとして自民党が難色を示していた。
    自民党は26日の議運委理事会で、「女性皇族の婚姻等による皇族数の減少等にかかる問題」の検討を盛り込んだ案を提示した。ただ、佐藤氏らと調整した結果、早期成立のためには譲歩が必要だと判断し、皇位継承とは「別問題」と位置付けることで「女性宮家の創設等」の明記で妥協した。
    政府・与党は付帯決議案をまとめた上で今週中に特例法案の衆院通過を図り、早期成立を目指している。付帯決議は、政府側に意見や要望を表明する決議で、法的拘束力はない。(2017.5.30 産経新聞)
    引用ここまで
    天皇家の血筋をおかしくしてしまうことを狙い、女系天皇誕生を目論む野党も、それに妥協する自民党も共に國體を危うくさせる可能性があるという点では、同罪だと思えてなりません。
    そして、眞子様のご婚約報道。
    確かに慶事ではあるのでしょうが、お相手の小室氏に関しては、とかくの噂が流れており、素直におめでたいことであるとは言えない気がします。

    ブログ「正しい歴認識、国益重視の外交、核武装の実現」内の記事
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6681.html
    にあったコメントに、
    >悠仁親王殿下が乗車していた車が事故に遭っても、宮内庁次長が「警備体制の見直しはない」などの国賊発言、また、天皇と皇太子の住まいの交換などと宮内庁が発表、そこまで宮内庁が好き勝手に決めていいものか、国民も疑問視しているようです。
    様々な疑惑が渦巻いていますが、国民には基本的な情報が提供されないまま、宮内庁の意向で2600年以上の伝統を平成時代の官吏がぶち壊していいはずがありません。

    とありましたが、まさに正論ではないでしょうか。
    そして、そこで紹介されていたジャーナリスト水間 政憲 氏のブログと動画、そして著作「ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実 」が、不敬に陥らず正しく考えるための参考になるかもしれません。
    こちらは、Amazonにある同著の内容紹介です。
    >平成28年8月8日の「陛下のビデオ・メッセージ」が発せられて以来、識者やマスコミのあいだでは、今上陛下の「お気持ち」をどう解釈すべきか、また皇室は今後どうあられるべきか等について、さまざまな議論が起こっている。
    だが、「それらの議論のなかには、いくつもの誤解が散見される」と著者は言う。たとえば、〈戦後に天皇陛下が「象徴天皇」と位置づけられた〉という誤解である。本来、天皇陛下は近現代史以前から国家国民の「象徴」であられたのであり、親政(天皇みずからが政治を行われること)を志されたのは、桓武天皇や南北朝時代の後醍醐天皇など、ごく少数だった。また、今上陛下が被災地に赴かれて被災者に寄り添われるお姿について、〈戦後の天皇を「象徴する」お姿である〉との解説があるが、これも誤解であり、実際には「皇室の伝統」であると著者は説く。
    二千数百年にわたる日本の「真の歴史」が「ひと目でわかる」、ビジュアル解説本。
    引用ここまで。

    上記の天皇陛下の在り方に関する見解は、小名木善行氏の思想にも通じるものがあると思います。
    なお、水間 政憲 氏のブログURLを貼らせていただきます。
    http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2502.html
    勿論、特定の著作をこの場をお借りして宣伝することが目的ではありませんが、主様及び読者の皆様にはご迷惑でしたら申し訳ございません。

    あと、これは蛇足かもしれませんが、宮内庁と御所内の職員に層化が浸透し強い影響力を持っているという噂も耳にします。
    もし事実ならば、徹底的な大掃除が必要でしょうが、場所が場所だけにデリケートな事案で難しいかもしれません。
    2017年06月01日 21:32
  • 名無し

    北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域内に落下したと見られることを受けて、水産庁は、各地の無線局や自治体を通じて沖合の漁船に対して注意を呼びかけるとともに、情報収集を進めています。
    水産庁によりますと、弾道ミサイルが落下したと推定される海域周辺では、ベニズワイガニの漁などが行われているということですが、今のところ被害などの情報は入っていないということです。
    ーー
    以上小坪しんや議員




    日本の海洋資源へのテロ。
    アラート無しと言って、問題ない訳ではなさそう。

    2017年06月01日 11:19
  • 芋瀬童子

    連投ご容赦下されたく!
     此度のG7は安倍総理が実質的な調整役、安倍総理なしには多分空中分解。最早【世界の安倍】になった。それを洞察出来ない近目の者共が相も変わらず何とか学園などと叫ぶ。前文部次官を『見苦しい』と一刀両断されたのは今治市長さんだったかな?ヤゴの背中が割れ始めた、羽化が始まった、と私は考えている。
     国連を担ぎ出したがどうもはかばかしくない、次は女性宮家を何とかねじ込んで日本の国体を破壊しようと目論んでいるようだな。女性宮家が成立すると、例えば朝鮮人や支那人が皇室の一角に入り込み、将来皇統断絶、朝鮮人の血を引く・・、ああ、想像したくない、自民党何やってるんだ!
     皆さん、是非産土神社に参って皇統安寧を祈りましょう。
    2017年05月31日 23:04
  • たつき

    動画の紹介となってあれなのですが、虎ノ門ニュースで我那覇真子さんの語られていた話が凄かったので、見られていない方がいれば是非観てもらえれば。
    【DHC】5/31(水) ケントギルバート・我那覇真子・居島一平【虎ノ門ニュース】
    ttps://www.youtube.com/watch?v=-Z5gDpSlEV8

    本題は番組の中盤辺りからですが、沖縄を取り巻く工作活動を真正面から糾弾するその姿勢には心打たれました。
    実態も広く暴かれ既に化けの皮も剝がされている連中ですが、互いに庇いあって未だにやりたい放題している現状では、より多くより広くに認知と拡散といった情報戦に日本人も向き合わないと対抗できない…今では当たり前に近い認識であってもまだまだ足りてないんだと語られていました。
    地元のために立ち上がり反日勢力の圧力も凄まじい中で、若くてもこれだけ立派な女性がこの時期に沖縄で戦っている…って凄い巡り合わせだと思います。
    2017年05月31日 13:48
  • もみじ

    私たち全ての日本人を全滅させないよう命の限り戦い抜いて下さった全ての日本男児に、英霊に。

    助けるために亡くなった自衛官とその家族に。"フランスの教会での歌 " をhttps://youtu.be/OUoTVfplxac
    2017年05月31日 09:14
  • 波羅

    フジテレビが関西テレビ制作ではありますが、なかなかな刑事ドラマを作っているようです。
    まぁ見る気はありませんが、第2話の内容がネット記事になっていてなんか引っ掛かったので。

    それは児童売春組織の事件の話で十数年前のプチエンジェル事件そっくりだという内容です。
    それで今回の出会い系バー摘発の流れで引っ掛かった前川自爆事件。
    プチエンジェル事件の背後には小沢一郎がいます。
    そして今回の安倍官邸への前川の逆怨み自爆。いや逆怨みでは無く背後の鮮人に背中に刃物を突きつけられ言わされていた感がありありとあります。自業自得ですが。
    全て何か繋がっている気がします。
    フジテレビ(関西テレビ)はプチエンジェル事件をモチーフに放送しても、官邸が後押しすると確信していたとしか思えません。
    2017年05月29日 22:55
  • 特命希望

    皆様既にご承知とは思いますが、北朝鮮が、今度は日本のEEZ内にミサイルを落下させました。
    2ちゃんニュー速+より抜粋です。
    【北ミサイル】島根県の隠岐から300キロの日本海に落下
    1 :ばーど ★
    2017/05/29(月) 11:58:22.86 ID:CAP_USER9
    5月29日 8時53分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010998681000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012
    (前略)
    菅官房長官は改めて記者会見し、「北朝鮮は、本日午前5時40分ごろ、北朝鮮東岸のウォンサン(元山)付近から1発の弾道ミサイルを東方向に発射したもようだ。発射された弾道ミサイルは約400キロメートル飛しょうし、新潟県佐渡島から約500キロメートル、島根県隠岐諸島から約300キロメートルの日本海上に落下したものと推定される」と述べました。
    そのうえで、菅官房長官は「落下したのはわが国の排他的経済水域内と推定される。現在までのところ、航空機や船舶からの被害情報は確認されていない。弾道ミサイルの種類は、現時点において詳細は分析中だ」と述べました。

    確かに人的・物的被害はなかったようですが、度重なる北のミサイル発射に、直接被害を受ける可能性のある人々が怒りを露わにしています。
    これも2ちゃんニュー速+より抜粋ですが・・・
    【北ミサイル】北朝鮮の挑発行為に漁業関係者ら憤り「ええかげんにして」 3週連続のミサイル発射に不安も[5/29]
    1ねこ名無し ★@無断転載は禁止2017/05/29(月) 18:22:35.28ID:CAP_USER
    (前略)
     弾道ミサイルが落下したのは、新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県・隠岐諸島から約300キロに位置する排他的経済水域(EEZ)内で日本海側の自治体は対応に追われた。
     島根県は臨時の危機管理連絡会議を招集。中国電力島根原発(松江市)や漁船など船舶の被害確認を進めた。
     岸川慎一防災部長は「発射は3週連続で予断を許さない状況が続いている。危険性が高まっていると言わざるを得ず、不測の事態に心を配る必要がある」と危機感を募らせた。
     原発15基を抱える福井県も電力事業者から情報収集に追われた。異常がないことが確認されたが、危機対策・防災課の担当者は「引き続き国からの情報などを注視したい」と語る。
     一方、漁業関係者は不安をにじませる。山陰沖で操業する山陰旋網漁協(鳥取県境港市)の担当者は「大変危惧している」と話す。

     実際に隠岐諸島周辺で操業する別の漁協の男性職員(45)からは「ええかげんにしてほしいというのが本音だ」との声が漏れた。

     佐渡島の漁協専務理事、内田鉄治さんも「情勢が悪化し、沿岸に近いところに落ちることがあれば各漁船に無線で直接連絡しなければいけない事態になるかもしれない」と警戒感を強めた。

     拉致被害者家族からは憤りが上がった。
     横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)は「真剣な対話を呼びかけられているのに、なぜ緊張を高める行動を繰り返すのか」と話す。
     有本恵子さん(57)=同(23)=の父、明弘さん(88)は「『またか』という思いだ。国際ルールを守るよう北朝鮮を説得すべきだ」と怒りをにじませ、母、嘉代子さん(91)は「ミサイルとともに拉致問題の一刻も早い解決を急いでほしい」と訴えた。
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170529/dms1705291655013-n1.htm
    引用ここまで

    直接の脅威に曝される地元の方々、そして80~90歳代という高齢になってもなお、子供のことが心配で大変なストレスを受けている拉致被害者のご両親の心情を思うと、いたたまれなくなります。
    方や国会では、相も変わらず野党の愚論が続いております。
    野党を無視して、粛々とテロ労準備法案を成立・施行させ、間髪を入れず衆院解散。
    以前にも申し上げましたが、北朝鮮を叩き拉致被害者を取り戻すミッションにおいては、現状の国会など無用の代物。いや、安倍総理を掣肘する粗大ゴミ以外の何物でもありません。

    まあ、トランプ大統領(≒ペンタゴン)と安倍総理は、攻撃の時期を見計らっているとは思いますが。
    「4月下旬~5月が金正恩奪首X-day」、とネット上で騒がれていた時点での奇襲攻撃は不可能です。
    殆ど誰もが予想できない時に実行しなければ意味がないでしょう。



    2017年05月29日 20:49
  • 内記様

    コメントが前後してしまい失礼しました。
    こちらこそよろしくお願い申し上げます。

    大和心様

    先日の投稿ミスを適切に処理してくださり感謝申し上げます。
    2017年05月29日 01:29
  • らん

    先ほど名前を無記入で送信してしまいました。申し訳ありません。
    2017年05月28日 20:49
  • 何時も変わらず拝見しています。
    大和心様お元気でしょうか?
    1段階目の手術が終わり次の手術まで様々な体と心のメンテナンスが必要のため自宅に戻りました。1度はどうやら違う世界へ行き損ねたようで現世では使えない体の一部は違う世界では全く問題ないようです。我が娘の声で引き返してきたようです。とても不思議な体験でした。ほんの少しですが何かを学んできたように思います。
    意識が戻るまでたった数日の間森友から別の問題とめぐるましく世の中が変化していることを痛感する時間でもありました。
    数日前から言葉、言霊ということに考えることがあった矢先に主様の投稿内容を拝見し、府に落ち思い切ってコメントをしました。

    1つはお詫びをしたいと思いました。
    実はこちらの常連様がblogをされているとコメントで拝見し、是非とも拝見してみたいと探しましたが結果その方のblogへはたどり着くことができませんでした。しかし別の所で過去こちらで起きた出来事にてコメントを悪用されているblogを見つけました。明らかに袋叩きではなく、心配しての言葉であったものが、人により悪用されてしまうものなのだと知りました。何故かそのblogの主の印象操作の為なのか、文章の所々勝手に赤字にされていました。結果大和心様へお邪魔している立場の者のコメントのせいで悪用されてしまったかと思うと大変申し訳なく思いました。
    また常連様も同様大変申し訳なく思いました。コメントをさせていただく立場という形を1度反省しては今後このような事がないよう十分気を付けて参りたいと存じます。
    そして、自らのコメントに人様を巻き込まないように十分配慮するとこの大切さを痛感しました。
    大和心様大変申し訳ありませんでした。

    まだ未熟者であり学びが必要である私自身が1つどこかで知ったのは、言葉とは元々神様方々がお使いになり、その言葉は少し変わりながらも今や人が使わさせていただいているということ忘れてはならぬということ確か宮司様から教えていただきました。
    そして日本神国の為に大掃除を出来ることしっかりお手伝いしていきたいと思います。
    1度は引きました私ですが、時折コメント参加させてください。よろしくお願いいたします。




    2017年05月28日 20:47
  • 特命希望

    野党やマスコミ(主に特亜人達)、また与党内の獅子身中の虫共の吐き出す見苦しい言葉にすっかりうんざりしていた私ですが、内記様の深い論説に接し、救われた思いです。
    特に、
    「人間から離れた言霊は存在しないのです。」
    というお言葉から、見当違いではありましょうが、天皇陛下こそ日本いや世界で一番、言霊の重大さを知り尽くし、その御言葉で多くの人々の魂をお救いになってこられたのではないでしょうか。
    今上陛下は申すまでもありませんが、先帝陛下(昭和天皇)の御言葉を紹介している下記のブログ記事から抜粋・転載させていただきます。
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6647.html
    かなりの長文になってしまいますが、誠に素晴らしい言霊の働きが感じられると思い、あえて紹介させていただきたく思います。
    引用開始
    >昭和18年(1943年)5月12日の米軍アッツ島上陸以来、先帝陛下(昭和天皇)は、同地の守備隊の模様をいたく気にかけられ、 毎日のように戦況を御下問されておられた。
    5月29日夕刻、守備隊から最後の電報が発せられた。
    「機密書類全部焼却。是レニテ無線機破壊処分ス」
    陸軍大臣は、直ちに参内し、アッツ玉砕を天皇に奏上した。
    陛下は、陸軍大臣大臣の報告を黙って聞くと、目を閉じしばし佇立された。
    そして、ひと言、 「アッツ島守備隊は、まことに最後まで良く敢闘した。このことを伝えよ。」 とおっしゃった。
    陸軍大臣は、陛下が自分の報告を聞き違えられたかと思い、言葉を返した。
    「恐れながら陛下、彼らは無線機を既に破壊しており、お言葉をお伝えする手段がございません」 と申上げると、陛下は、 厳しい声で、「構わぬ。それでも構わぬから、そういう電波を出しなさい!」とご命令された。
    陸軍大臣は一礼して引き下がり、控えの間に至ると両手で顔を覆って男泣きに泣き崩れた。
    直ちに北のアッツ守備隊に向け、電報が放たれ、陛下の御言葉が打電され続けた。
    勿論、アッツから返事が来ることはなかったが。

    >終戦直後、マッカーサーの会談で陛下が、戦争責任は全て我にあり、自らの命に代えてでも国民を助けていただきたい旨申し上げられたのは有名な話ですが、その真心に心打たれたマッカーサーが
    今度は一臣下のごとく、直立不動で陛下の前に立ち、「天皇とはこのようなものでありましたか!天皇とはこのようなものでありましたか!私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」と述べました。
    陛下は、再びスクッと立たれ、涙をポロポロと流し、「命をかけて、閣下のお袖にすがっておりまする。この私に何の望みがありましょうか。重ねて国民の衣食住の点のみにご高配を賜りますように」
    と。

    こちらは、先帝陛下と母君であらせられる貞明皇太后との、厳しくも心の籠ったやり取りです。
    >貞明皇太后の前で泣いた昭和天皇
    貞明様が、皇霊殿に陛下をお招きになりました。
    皇霊殿は高いので、東京の市中が見えるのであります。
    焼けただれ、一日千秋の思いでわが子の復員を待つ年寄りたちの姿も、見えるのであります。
    貞明様は陛下にそれをお見せになり、「陛下、国民は陛下のご不徳によって、このように苦しんでおります。この国を一日も早う復興しようと召されず、お腹をおめしになろう(切腹しよう)などとはご卑怯ではありませんか。退位は絶対になりません!」
    陛下は、母君の前で頭を垂れて泣かれたそうです。
    どうしたらいいのかと。

    (貞明様は)
    陛下の万歳を叫んで死んでいった護国の英霊の労苦を労いなさい、遺族の労苦を労いなさい、産業戦士の労苦を労いなさい――これが、後の陛下の行幸(外出)になったのでした。

    >ある所においては共産党が、「朕はたらふく飯を食う。汝臣民飢えて死ね」とプラカードを仕立て、二〇〇〇名のデモ行進をやっていました。「陛下、お逃げなさい」
    しかし陛下は、「私に面会を申し込んでいる限り、私が会いましょう」 と言って、皆の前に頭を下げられました。
    「皆様方が私を打擲することによって心が癒えるならば、ごずいにめされたがいい。でも日本の国を一日も早う復興し、次の子孫へこの国を送り得てこそ、はじめて護国の英霊に対し、我々が報いる道ではなかろうか」と陛下は申されたのでした。

    >昭和63年9月、先帝陛下が病床につかれると、全国の御平癒祈願所に約9百万人が記帳に訪れた。40数年間の御巡幸で陛下に励まされた人々も少なくなかった。
    陛下は、病床で「もう、だめか」とおっしゃったことがあった。
    医師たちは、陛下がご自分の命の事をおっしゃったのかと思ったが、実は「沖縄訪問はもうだめか」と問われたのだった。
    御巡幸の最後の地、沖縄に寄せられた陛下の御心は、今上陛下によって平成5年に果たされた。

    >東京の空を台風が過ぎ去った翌日、侍従長は、陛下に「台風が去ってようございました。」と申し上げた。
    すると、陛下は、次のとおりおっしゃった。「… まだ、東北、北海道地方はこれからである。」
    引用ここまで

    私のような凡人には陛下の御言葉について考察する資格などございませんが、あえて述べさせていただくならば、アッツ島の玉砕に接せられた際には、玉砕した英霊の御霊に陛下の御心が届くと信じて、呼びかけを続けさせたのではないのでしょうか。

    そして、御病の床に伏せっておられた時でさえ、御自身の肉体的生命には頓着されず、果たされることのなかった沖縄への御巡幸に思いを馳せられる。その御心遣い。

    また、「台風が去ってようございました。」との侍従長の言葉に、「… まだ、東北、北海道地方はこれからである。」と述べられたことに、私は陛下の優しさと偉大さを感じました。
    侍従長に就くくらいですから、当然大変な教養と徳のある人物なのでしょうが、それでも陛下の国全体を想う大御心には足元にも及ばないという気がします。

    以上、長文にて失礼いたしました。


    2017年05月28日 12:53
  • まさに「断末魔」だと思います。

    今は比較的安心して見ていられますが、
    もし今、第一次安倍内閣で、民主党悪夢の3年を経験していなければ果たしてどうだったか。
    この国際情勢では背筋が寒い思いをしたのではないか。

    小泉竹中無ければ民主党政権もなく、その他、挙げればきりはないのですが
    こういう所に大きな力の介入を感じるのです。
    2017年05月28日 01:50
  • パイプの煙

    大和心様、ご無沙汰しております。
    昨年四月に主様から「まだ何も終わってない!高揚感に浸るのはまだ早い」と諭され己の未熟さを反省させられて一年以上が過ぎました。その間、私の環境も激変し特亜3国の多い所で過ごす時間が多くなり、自分の時間もかなり限られた生活となり主様のブログもROM専状態が続いておりますが、着実に世の中の流れが大きく変わってきていることを実感しております。
    この間に安倍首相の一見緩やかな動きに見えて、将棋で言うところの穴熊でしっかり守りを固めて難攻不落に見えた特亜3国や在日・反日勢力、マスゴミに対して、1駒ずつ敵の守りの駒を剥ぎ取る手法に追い詰められた敵対勢力の最期の足掻きに大峠が近づいている事を感じます。テロ等準備罪の成立も視野に入り、主様や余命爺様、おかか様達のひた押しの努力、読者の方々のひたむきな姿勢に心から感謝致します。
    ところで、野党やマスゴミの反安倍勢力の必死の抵抗に呼応したのか、石破氏の最近の言動には大いに疑問を感じます。第二次安倍政権の成立時に一回目で一位を取ったが過半数を取れずに決戦投票で安倍首相に敗れた石破氏がそれを根に持って反安倍を心に秘めていたのか、或いは元々あちら側だったのかは判りませんが、慰安婦問題では韓国側に立った発言や家計学園問題での前川元事務次官擁護とも取れる発言で安倍首相を批判している姿に国民のどれだけが賛同しているのか分かっているのでしょうか?
    主様の仰るとおり言霊の霊力を信ぜず己の力(石破氏の妄想ですが…)を信じてKの法則に則った石破氏には外患誘致罪が相応しいと思うのは私だけでしょうか?
    我々は主様や余命爺様を信じて、ひた押しに大峠に向かって邁進していきたいと思います。
    2017年05月28日 01:09
  • 内記正時


    (言挙げせぬ国、言霊の幸ふ国)
    主様のブログにはいつも全幅の信頼を寄せて拝読しております。世に多くの評論家やジャーナリストが存在する中で、大局的な意味や背景を形而上の意志にまで求められ、事象を的確に分析解読される主様のお力は正に天与のものではないでしょうか。主様の大きなお役目であると思います。
    その主様の元には多くの読者が集われ、それぞれの得意分野というか持ち味を生かしたコメントが寄せられていますが、それらは単なる各論の寄せ集めではなく、覚醒した(或いはしつつある)日本人が「大和魂」の元に集う巨大な「言霊の集合体」と言えるように思います。自己主張し自己満足するだけのブログが圧倒的に多い中で、「大和心への回帰・復活」という明確な目標を掲げられた主様のブログと、そこに寄せられるコメントは、目的に向かって突進する流れとなって巨大なエネルギーを形成していると言っても過言ではないでしょう。形而上の意志が感じられてなりません。

    今回のテーマ「言霊」について、以下、愚見を申し述べます。
    日本は古来から「言挙げせぬ国」と言われて来ました。「言挙げ」の意味は主様が大辞林から引かれているように、「言葉に出して言い立てること。言葉に呪力があると信じられた上代以前には、むやみな『言挙げ』」は慎まれた」とありますが、ここで大事なことは「言葉に呪力があると信じられた」という部分です。今でも「善い言葉を発すれば善いことが起こり、悪い言葉を発すれば悪いことが起こる」と信じている人は沢山いるようです。いわゆる「言霊信仰」ですね。結婚式では絶対に「切れた、別れた」などと言ってはいけないとされているのもその名残でしょう。しかし、言葉そのものに「呪力(霊力)」があると単純に考えてよいのでしょうか?

    「日本国憲法」を絶対視する人たちは、「言霊信仰」の典型的な見本と言ってよいと思います。憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあり、それを反映して第九条では「一切の戦力を持たず、交戦権も認めない」と規定されています。そして、これさえあれば日本の平和と安全は保たれると、無邪気に信じている人たちが多数存在しているのです。ではこの憲法の持つ言霊の呪力によって、諸国民は公正であり信義に満ちているのでしょうか?またそれによって、日本人は何も心配することなく平和を享受しているのでしょうか?答えは言うまでもないでしょう。憲法をどれだけ「言挙げ」しても、日本の平和と安全を保障出来るものではないのです。

    実は主様は、「言挙げ」に関してもう一つの意味を与えておられます。「『言挙げ』」とは言葉に出していうことであり、『言挙げせぬ国』」とは『理論闘争』して相手を口で言い負かすことを慎むべきこととして伝えてきた」という部分ですが、私はこれが正解に近いと思います。同様のことは、主様がご紹介されている「世界遺産の吉水神社」の宮司様のブログにも述べられていて、こちらでは「言挙げ」のことを、「神の意志に背いて特別に取り立てて述べること。言挙げに誤りがあると、命を失うことにもなるので、タブーとして慎まれていた」と説明されています。ここには「神の意志」とありますが、言葉(言霊)とは、実にこの「神の意志(神意)」を抜きにしては語ることが出来ないものだと考えられるのです。

    日本人は元々神の直系(=日の霊人)ですから、「内的に神の光を直に受ける」潜在的な能力が備わっています。誰もが神意を直感的に受け取ることが出来た時代は、ことさらそれを言葉に出してあれこれ議論する必要などなく、それぞれが御神意のままに受け止め生活に反映していました。霊的中心には常に「神」が存在し、神の体現者である神人(日月神示で言うところのてんし様)が全体を統治していましたから、誰もが御神意のままに平和に暮らしていました。「言挙げせぬ」とはこのような社会であればこそ成り立つもので、日本の「岩戸」が閉められる以前は確かに存在していたのです。それが神の大計画によって「岩戸」が閉められたため、神の光が全く射し込まなくなり、その後は勝手な「言挙げ」が当たり前になってしまいました。つまり今日まで続いている「言挙げ」とは、その多くが神意を無視した自己主張であり、我れ善しの屁理屈を並べた「理論闘争」が本質であるということになるのです。主様の仰る通りです。

    ここで、言霊に関する日月神示の一節をご紹介します。

    >神は言葉ぞ、言葉とはまことぞ、息吹きぞ、道ぞ、まこととは、まつり合わした息吹きぞ、言葉で天地濁るぞ、言葉で天地澄むぞ、戦なくなるぞ、神国(かみくに)になるぞ、言葉ほど結構な恐いものないぞ。(第五巻「地つ巻」第三十四帖)

    上記神示は、「言葉」=「神」=「まこと」=「道」=「神にまつり合った息吹き」であると教示していますが、これこそが「言霊」の本質を示すものです。ここの意味を私は、言葉そのものが呪力(霊力)を持っているのではなく、言葉を発する者の心が「神」に通じ、それが「まこと」であり、「神の道」に適い、「神にまつり合って」いるからこそ「神力が顕現する」と捉えるべきだと考えています。神に通じるまことの心で言葉を発すれば「天地が澄む」ことになりますし、逆に神意から逸脱すれば、反作用として「天地が濁る」結果になるのは当然のことです。言葉は人間が発するものですから、前者は神人に、後者は獣人に対応すると言ってもよいでしょう。人間から離れた言霊は存在しないのです。

    現実世界に目を転ずれば、主様が指摘されているように、反日政党が「言葉尻を捉えて粗さがし。揚げ足取りに明け暮れ、日本が日本を取り戻すための国益に資する法案を上程するたびに、本来の趣旨とは全く無関係の不毛な議論に時間を費やし審議を妨害する大罪を犯してきた」のは、正に「天地を濁す」言葉を発したことに他なりません。その悪しきメグリは必ず自分たちに返って来ることになります。
    ただ老婆心ながら申し上げれば、愛国の名の下に相手を著しく罵倒し貶めるような言葉(=本当の意味のヘイトスピーチ)もまた「天地を濁す」言葉ですから、この点は保守の人たちにも十分注意していただきたいと思います。言葉とは自分の心にあるものしか出て来ないのですから、どんな言葉で相手をけなしても、愛国のためなら許されるという理屈は屁理屈に過ぎず、悪しき「言挙げ」そのものだと言わなければなりません。

    日本が真の意味で「言挙げせぬ国」になる時、同時に「言霊の幸(さきわ)ふ国」になることでしょう。

    以下は個人的な内容になりますが、どうかご容赦下さい。

    こたママ様
    以前の拙コメント「連絡偵察機LR-2の事故に涙する」を、私の承諾なしに余命ブログに転載したとして気にしておられるご様子ですが、そんな必要は全くありません。それどころか、私としては感謝してもし切れないくらいなのです。私が主様のブログに投稿する目的はただ一つ、主様に共感して「大和心への回帰・復活」の一翼を担いたいと考えているからです。これが日月神示研究者としての私のささやかな役割だと思っているのですが、私はネット上では自身の情報を発信するための組織も手段も持っていません。ですから、私のやることが御神意に適っているならば、神の糸(意図)によって必要な人と必ず繋がるはずだと思っていました。今回、こたママ様が動かれたのは、間違いなく神の糸に導かれてのことだと思います。佐久奈様がこたママ様の御役を「私の目には菊理姫神と映っております」と述べておられましたが、その通りだと思います。「菊理姫神」とは「キクリヒメ」または「ククリヒメ」と称し、「括(くく)る」=「結ぶ」=「一つにする」働きの神様だと承知しています。こたママ様のお働きにピッタリではありませんか?こたママ様、もしもこの件でうつむき顔をしておいでなら、どうか笑顔になって顔を上げられ、ご自分の御役目に向かってくださいますように。これから先、お目に適う拙コメントがありましたら、どうぞいつでもいくらでも自由にお使いください。完全無料です(笑)。私が本名で投稿しているのはそのためでもあるのですから。

    佐久奈様、いつもありがとうございます。
    禊 (M改め)様、猫ちゃん飼いたい様、はじめまして。共に身魂を磨いて参りましょう。

    このようにして、神の糸(意図)は紡がれていくのでしょうか。
    2017年05月28日 01:06
  • 佐久奈

     
    主さま、お世話になります。

     プラントはエンジニアが書く製作図面に基づいて工場内でユニットがパート毎に組み上げられ、現地にてそれらユニットを組み上げて完成するのですが、正面図、両側面図、背面図、平面図の5方で図面に起こす過程で、配管同士の干渉がないか、迂回した先に障害物がないかと散々3Dでラフ描いたりもして検証しても、必ず人間のやることで現場施工中に不具合が生じて図面通りには行かない箇所というものが出てきます。

    ましてメンテナンスにおける現場配管作業などその最たるもので、検証して大丈夫だった筈のその開口位置の真裏に補強のリブが立っていたりすると管は通せません。それで現場対応の処置が施され、図面にないバイパスができたりしてどんどん複雑になるが、図面には反映されず現場の人間にしか分からない箇所というものが必ず出来てしまいます。四年ほどのスパンで点検、修繕の時にエンジニアの修正図面と実際の現物の違いに戸惑い、作業者は右往左往してしまう。

    現状その手練れの責任者も寄る年波に押し流され現場をリタイヤしたり、ブランクが開くと忘れてしまう。 重大事故とはそう言う隙間に起きるものであります。

    電通の闇、見に行かせていただきました。よくお調べでございます。
    日々の激務に流されて、詳しく自分で調べる時間が無くなった為、私の頭は時代遅れになっておるようですが、当時から一貫しているのは、各電力会社の重役たちが各地のマスゴミへ天下り情報操作、養成した御用学者に安全神話を宣言させ、善良な鄙の人々を札束か恫喝で黙らせるのが彼らの方程式だと言う事です。

     話が外れましたが、この複雑怪奇、しかも放射線による金属疲労の限界点が全く読めないこの危険物を維持管理する為、マイナスイメージの反日どもにわざと反原発を訴えさせておりますが、問題をすり替え錯覚させて再稼働の実現と外国への輸出を押し切らねば今後各所の廃炉資金が確保できなくなっているのが今の状ではないかと思うのであります。

    絶対にないと豪語した事故に誰か責任を取った?居直って政府がなんとかせよと言う雰囲気で、ふてぶてしい態度の東電職員に怒りを覚えたのは私だけでは無かった筈。

    そして、最大の問題は核のゴミ。原子炉が動けば必ず出るこの問題、未だ1ミリも解決策がありません。ステンレス製のキャニスターへ溶かしたガラスと一緒に核廃棄物を固めて地下1キロに倉庫を作り数万年管理し続ける計画ですが、子飼いの御用学者ですら地下水の流入や、内部の放射線による金属原子の結合破壊によりステンレス容器が10年くらいで穴が開くと申しております。さらにタチが悪いのはそれを冷却し続けなければならない事。当然人はそこには居れません。

    え?じゃあ漏れるじゃない放射能!(うん。)え!どうするの?(さあ。黙っときゃいいんでない?)30年ほど経ちますが多分いまだこう言う現状であります。さらに申せば埋設候補地すら確定せず。

    原発なけりゃ電気が足らんと触れ込み、輪番停電なる三文芝居も打ってみたが無くても実際困らなかった。平時から節電を曰う輩が言うに事欠いて何がオール電化か。頭大丈夫か?と聞きたくなる。そもそも、崩壊熱を利用して蒸気タービンを回して作る電気でまた暖房や給湯することが如何に低効率で、間抜けな選択か。節電を謳うその裏に電気の過剰消費を促す矛盾。

    私の中でアパルトヘイトなる言葉がヘイトスピーチで復活しましたが、その根底にはいずれも白人至上主義が横たわっておるように見えまする。
    2017年05月27日 19:43
  • たつき

    記事とは直接関係ありませんが、以前の記事のコメント欄で内記様の取り上げられていた、連絡偵察機墜落事故で無くなられた方々の葬送式が営まれたと言うニュースがNHKで放送されていました。
    映像の中でも出棺を見送る隊員の方達が、土砂降りの中整列し敬礼で見送る様子が凄く印象的でした。
    色々と遅くなりましたが、亡くなられた四名の自衛官の方々のご冥福をお祈り申し上げます。

    あわや北朝鮮の暴発か!?…と、国内外でだいぶ騒がしかった時期からすれば一息ついて、ようやく各国の駆け引きや調整あるいは準備段階に。
    「北朝鮮という脅威」を内政課題として丸め込んだ安倍政権の前に、連日連夜狂騒している反日勢力は抗う術も無く見苦しいばかり。
    …考えて見れば当たり前だけど、見ているビジョンや相手取った勢力との駆け引きの規模すらかけ離れた連中とでは、どうにも出来ない差がありますよね(^_^;)
    G7サミットでテロ等準備罪への支持への感謝を…なんてそれこそ最前線の舞台で軽く振る舞えるのだから、どんだけ足掻こうとブーメランにしかならない連中ではどうにもw

    連中の悪足掻きでも、日本に対する僅かばかりの貢献…と言えるのは、戦後今まで無防備・無警戒だった日本人にとって「悪意ある格好の標的」としての役割なのか。
    捏造・偏向・隠蔽と言った情報戦から、実際にありとあらゆる形での圧力や妨害工作等、「今まではかなわなかった対象」を繰り返し相手取り、練度を上げ続けたおかげでネット社会での今日の対応力・追究能力と言った力が実現してきた。
    連中は今でも2chやネトウヨなんて形式を一緒くたにして敵視しているけど、あくまで日本人が任意で参加し、個々の持つ技量や膨大な情報の共有によって成り立つ進行形での「情報共有・追究」といった手段を覆す術が無くなり、マスゴミの牙城すら崩壊し始めている。

    おまけに大多数の国民は真実や正義を求め、それに答えられる側が即応するだけで脚光を浴び、仕掛けてきた反日勢力は淘汰される。
    国会質疑における足立議員や丸山議員、それにサプライズだったけど23日の虎ノ門ニュースに登場した和田議員のように、フットワークと発信力が各段に上がっている先生方なんかは見ていて笑える程でした。
    【DHC】5/23(火) 百田尚樹・和田政宗・居島一平【虎ノ門ニュース】
    ttps://www.youtube.com/watch?v=0A3G_QAgyII
    2017年05月27日 18:10
  • 芋瀬童子

     TVと新聞しか見て居ない妻が言う・・・『民進党ももうこんなになっちゃダメだね』(暗黙に『再起不能だよ』)『もう解散した方がいいよ』。如何に時事音痴、政治無関心でも真っ当な常識を以て生きている人々にはキミタチはおそらくこのように判断される。さらに言う、『女に嫌われたらおしまいだよ』。そう、有権者の半分は女性だ。女性は『理屈で考えて無意識の底から湧き上がる感情を抑える』ようなアホな男の真似事はしない。男の真似事をする女性は大体左翼売国モードになる。どんなに正しい事を仰る先生でも『顔に品がない』とか『何だか女たらしみたいね』で一刀両断する。それだけで結論が出る、これがコワイ。男性諸兄、顔に気をつけたまえ、ワルダクミばかりしたりスケベな事ばかり考えていると顔に出るよ!
     日本の反日売国左翼売国在日自称意識高い系知識人等は『組織的な戦闘能力を失った、後は散発的なゲリラ戦闘』でしかないだろう。しかしだからこそ細心注意が必要なのだ。何時、どんなカタチでキレて破れかぶれ暴発するか知れない。何しろ万策尽きたらしく国連まで担ぎだす始末だから。次はローマ法王ぐらいしか居ないが、いつだったか『霊的に生まれ変われ』と、要するに『破門!オマエラは捨て墓行きだ』と仰ったに等しいから頼めないだろう。
     幼稚園、保育園、スーパーマーケットに行く人、スペシャル用心、人の集まる処に出かけるときはスーパー慎重に!
     反日売国デケタフリウヌボレチシキジン諸君、君たちを見て居ると古い昔のエンタツ・アチャコの漫才を思い出す・・・『ほんまに、モ、ムチャクチャでござりまするがな』いい加減タモ網に入っている事に気が付けよ。
    2017年05月27日 16:56
  • 安心しました。

    https://m.youtube.com/watch?v=TuelKHqWicg
    有本香さんが、一色さんとも親しく、安倍総理に出て頂きたいって、言われていました。
    虎ノ門ニュースと和田政宗議員、足立康史議員、報道特注、青山繁晴議員ー米国ハリス太平洋司令官、
    一色さんということは、桜井誠日本第一党陣営、
    それと大阪府警応援デモでksmworldさん、小坪しんや議員、中山成彬議員、小名木善行先生と、
    桜井誠氏と余命、それから間接的かも知れませんが、大和さま、おかか様、ぱよぱよ日記さま、

    保守中道、繋がりましたね。安堵しました。
    信頼の結界が、とても深く、自衛隊の空将などの方々も含めて、再生しているような。この目は、生きていて潰れない。オフィス北野も一平さん。

    ありがとうございます。ーもみじ
    2017年05月27日 09:36
  • 波羅

    井沢元彦氏が、言霊の国日本をやたら強調して二十数年前はさも否定的に書いてたように見せたのも、全ては「逆説」なんですよね。
    それだけ出版界での反日勢力が強かった裏返しであり、同時に戦後保守勢力への疑念と怒りの表れでもあった。
    そう受け取ると色々とふにおちることが多いです。
    2017年05月26日 22:19
  • 特命希望

    今回の記事を拝読させていただき、「言葉(発言)の問題は、大変に難しい」と感じさせられました。
    真の有徳者ならば、軽々しく口を開かず、ここぞというときに中身のある発言をするものなのでしょうね。

    反日勢力(野党、マスゴミ)は、主様の仰るように「何かと言えば、言葉尻を捉えて粗さがし。揚げ足取りに明け暮れ、日本が日本を取り戻すための国益に資する法案を上程するたびに、本来の趣旨とは全く無関係の不毛な議論に時間を費やし審議を妨害する大罪を犯してきた。」といえるでしょう。
    しかも、連中の発言は、倫理・論理のいずれにおいても破綻しており、聴く価値など無いことは、私が申すまでもありません。

    しかしながら、日本国内だけに留まるならまだしも、朝日新聞のごとく捏造慰安婦話を未だに英語版で世界に向け発信し続ける輩がいたり、日本人(or成りすまし)弁護士が国連等で、慰安婦や今回のテロ等準備罪批判の黒幕であったりと、国際社会における我が国の
    イメージを悪化させ、国益上深刻な問題となっております。
    その点では、読みに行きました様の申されることに大いに同意いたします。
    これまで、安倍内閣以前の政府(自民党政権)がきちんとした反論をしてこなかった理由を愚考するに、GHQが特亜三国を利用して、また日本国自身を戦後憲法を手段として戦前の強大な大日本帝国を復活させないためのいわば「対抗国家」として位置付けてきたためではないでしょうか。
    なお、この部分は、私のオリジナルではなく小名木善行氏の持論の受け売りですが・・・
    そしてそれとは別に、世界遺産の吉水神社様のブログにあるように「徒に言挙げせず、相手が難癖をつけても相手にしなければいい」という、主に武家社会で受け継がれてきた日本古来の思想があるのかもしれません。

    そのような思考を改めつつも相手の土俵に乗って無闇に喧嘩するのではなく、冷静にかつ論理的に正論を発信する。
    それが、安倍総理の方針であるように思われます。
    そして、総理と価値観を共有し、まさに以心伝心で適切な言葉で発言しているのが菅官房長官でありましょう。
    中でも「一方、前川氏が文科省の違法な「天下り」問題を受けて、自分の考えで引責辞任を申し出たとする証言については自ら進んで言及し、「私の認識とまったく異なっている。前川氏は天下り問題についての再就職等監視委員会の調査に対して問題を隠蔽(いんぺい)した事務方の責任者で、かつて本人もOB再就職のあっせんに直接関与していた。にもかかわらず、当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた。その後、天下り問題に対する世論からの極めて厳しい批判にさらされて、最終的に辞任したと承知している」という菅氏の発言。
    言葉のみならず、態度で前川をバッサリ切り捨てていました。
    これが武家社会であるならば「前川は不祥事の責任を取って腹を切り自裁すべきであるところを、徒に命にしがみつき恥を晒し続けたため、上意討ちとした。その家は取り潰す」といったところでありましょう。

    一方、前川は、1時間ほどの記者会見で 「証拠となる文書は確かにある。証人喚問にも応じる」と発言していましたが、大汗をかいていました。私は、「嘘を無理やり事実だと言っているがため」という印象を受けました。

    因みに、2ちゃんニュー速+のレスで、このようなものがありました。
    >20あなたの1票は無駄になりました2017/05/25(木) 18:21:56.54
    こいつが本当のことを言ってると思えない根拠が、出会い系バーに通った理由を「女性の貧困問題を扱ったTVのドキュメント番組でここが紹介されていて、実態を調査するために自ら現場に赴いて女性から話を聞いた」
    「その際に話を聞いた謝礼として金銭を渡した」と泳いだ目で語ったこと。
    週3とまで暴露されている風俗通いを正直に恥じて告白するのならまだしも、仕事の一貫と抜かすこの厚顔無恥な男の何を信じたらいいのだ?

    ともあれ、この恥知らずを証人として担ぎ出している野党とそれを演出しているマスゴミは、不発に終わった籠池問題と同じ手法が通用すると思っているのでしょうか。
    こちらも2ちゃんニュー速+の辛辣なスレです。
    >12あなたの1票は無駄になりました2017/05/25(木) 18:17:59.63
    パヨクは一体いつになったら学習するんだ
    「仲間・証言者は選ぶべき」だと
    自発的に敗者連合作ってどうすんのよ…

    以上、長文かつ散漫な文章になってしまいました。
    これはきっと、私の持病のメニエールのせいです(苦笑)
    2017年05月26日 19:58
  • 川田俊之

    いつもお世話になっております。
    嘘の無い世に生きたいし、子孫にも
    真実の世界に生きてほしいのです。
    共謀罪と外患罪により、日本国民が
    神話から連なる日本国を信じる大和民族
    に生まれ変わってほしいのです。
    2017年05月26日 19:29
  • 読みに行きました。

    そのお方のご意見、確かに、正しいと思います。

    でも戦前日本には相当のスパイが入り込んでいた。
    共産主義ユダヤ、ロシア革命と、皇国日本は、有色人種の植民地化というザビエルらの意図だけでなく、少数が独裁する意図で、八紘一宇、共栄の皇国日本を潰すターゲットにした、という事。

    その悪意を、反日朝鮮半島勢力は引き継いでいる。
    で、なければ、エノラゲイリターンズのアナグラムを、北朝鮮系芸人が、ネタに出来るはずがない。

    リミョンバク発言も、そう。
    今の国会も、うんざりで、二重国籍の人に仕掛けられている。テレビは、獣医学校を民進議員が設立運動を行なっていたこと、森友に至っては極左暴力集団が、森友学園の代理発言をしたことを、公表追及しない。

    黙ってたら、殺される。日本の生存権を奪われる。
    騙されやすい自分のような大勢のお花畑には、テレビも乗っ取られていないのがないと、困る。

    北朝鮮系によいしょでなければ、干されるテレビでは、困る。
    2017年05月26日 14:15

この記事へのトラックバック